スポーツ

第二のスケート人生を歩む浅田真央「心から楽しんでいます」

「いつかは私も結婚したいです」

「いつかは私も結婚したいです」

 浅田真央(30才)が“第二のスケート人生”として取り組む『浅田真央サンクスツアー』。2017年に現役を引退し、一度はスケートから離れて“自分はこれから何がしたいのか”を自問自答した。やはり自分の人生にはスケートが切り離せないとリンクへ舞い戻り、“これまでの感謝を皆さんへ伝えたい”と2018年に始めた全国行脚も今月末にいよいよ千秋楽を迎える。

 ツアーを通じて新たにスケートと向き合う決心をした心境を「生まれたてのような気持ち」と、期待に胸をふくらませた表情で語った浅田。この日は故郷・愛知で公演を行った。

「半年以上ぶりに地元へ帰ってきましたが、生まれ育った土地はホッとします。こんな状況でもお客様が足を運んでくださるのはありがたく、とても幸せ。第二のスケート人生を心から楽しんでいます」

 ショーは約80分。浅田が選手時代に滑ってきたプログラムの中から、もう一度滑りたい演目を選び、新しい振り付けと演出を加えて、キャストスケーターの9人の仲間たちと共にメドレーで想いをつなぐ。

 例えば、一時休養を経て復帰した際に披露した、2015~2016シーズンの「蝶々夫人」など記憶に残るプログラムでも、蝶々夫人を和風の衣装でしっとり滑るなど選手時代とは一味違った姿も見せる。

「長いスカートで滑れるのはアイスショーならでは。競技では挑戦できない衣装なので『着物で蝶々夫人を滑ってみたい』という願いが叶ってうれしいし、大人っぽい赤い色もすごく気に入っています。私ももう30才。フィギュアスケートもお芝居と一緒で、年齢を重ねるごとにスケートに“うまみ”のようなものが出てくると思うので現役時代には出せなかった大人の表現をしたいです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト