芸能

松岡茉優は今や「映画界の中心的存在」、新作映画で見せる“凄み”

 実際、『桐島、部活やめるってよ』の出演者の多くが現在の映画界を支える存在になっているのは事実だ。同作で俳優デビューを飾った東出昌大(33才)がいくつもの作品を座長として背負う存在になったことは広く知られているし、仲野太賀(28才)は主役をこなす一方で“名バイプレイヤー”としての顔をも持つまでになった。松岡もそのうちの一人である。“松岡茉優オンステージ”を繰り広げた初主演作『勝手にふるえてろ』(2017年)や、世界中で好評を博した『万引き家族』(2018年)、等身大の恋物語を演じ共感を呼んだ『劇場』(2020年)など、着実にキャリアを重ねる過程で代表作も得て、9年ぶりに吉田組に帰ってきたのだ。

 今作では、当て書きの大泉はやはりハマり役だが、それに張り合う松岡は特に素晴らしい。口コミにも、「主演は松岡茉優だ」という言葉がいくつも見られるほど。その口コミ通り、彼女は演じるキャラクターを完全に自分のモノにし、喜怒哀楽をときに大胆に、ときに繊細に表現し、観客の視線を釘付けにしている。

 それを象徴する印象的なシーンが冒頭にある。編集者である高野の元に届いた原稿に彼女が誤ってコーヒーをこぼしてしまうのだが、ここで松岡は原稿に対し、ごく自然に「ごめんなさい」と口にする。筆者も自分の大切なものに対してうっかり粗相をしてしまった際に、このように独り言を発することがあるが、実生活で身に覚えがある方も少なくないのではないだろうか。しかし、心から大切だと思っていなければ、こんな言葉は出てこないだろう。

 たった一言だが、このシーンに高野という人物の性格がよく表れており、観客は彼女がどんな人間なのかをこの一瞬で認識する。これが予め用意されていたセリフであるにせよ、咄嗟に出たアドリブであるにせよ、キャラクターの性格を掘り下げて自身のモノにしていなければ、“自然な一言”にはならないのではないだろうか。こうした些細な言動に、松岡の演じ手としての凄みが表れているように思うのだ。

 今作の座組で彼女が中心に立っているのは、彼女が映画界の中心に立っていることの証とも言える。今作を観れば、誰もがそれを実感できることだろう。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

関連キーワード

関連記事

トピックス