国内

「学校にスマホ」も当たり前 デジタルネイティブな小学1年生事情

デジタル

小学校のデジタル事情は?(写真はイメージ)

 ピカピカのランドセルを背負って通学路を行く、新小学1年生たちを目にする4月。世の中の変化とともに、小学1年生を取り巻く環境はも大きく変わったている。1才から小6まで10人の孫を持つ作家のあさのあつこさんが驚くのは、子供たちが浴びる情報量だ。

「同じ小学1年生でも、私たちの時代に比べて触れている情報が桁違いに多い。昔は本当に自分たちの身の回りのことしか知らなかったけど、いまの子はネットやテレビを通じて、どこに住んでいても東京や大阪で何が起こっているかわかっています。

 私の年長組の孫もYouTubeで『うっせぇわ』を見ながら、歌ったり踊ったりしています(笑い)。大量に集まる情報を消化する力は、いまを生きる子供たちにとってすごく大事なんです」(あさのさん)

 国の方針も時代の流れを後押しする。文科省が全国の公立小中学校で取り組む「GIGAスクール構想」では、全児童にパソコン・タブレットなどデジタル端末を配布する。文科省によれば、3月末までに97.6%の自治体で1人1台の配布が完了したという。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)などへの出演でおなじみの弁護士・大渕愛子さんも長男が今春新1年生となり、「端末配布」に驚く1人だ。

「ウチの子は新入生でまだ配布されていませんが、同じ学校に通うママから学習支援のために1人1台、iPadが配られたと聞き、『高価なものなのに!』と驚きました。

 いまの小学生は、学校にスマホや携帯電話を持って行くことが珍しくないようです。自分が子供の頃は小1が携帯電話を持つなんて考えられなかった。そもそも存在すらなかったですが、いまはGPSで居場所を確認できるからと、安全のために持たせる親も多いそうです。小学校からスマホの正しい使い方についての冊子を配られたので、私も研究中です」(大渕さん)

 共働き家庭が6割を超え、忙しく働く女性が増えたいま、ITの発達を大歓迎する母親は多い。

「保育園のママ友とはLINEでやり取りするからわざわざ会いに行く必要はないし、手作りバッグや名前シールなどの学用品は、スマホの画面から子供と一緒に選んでワンクリックで購入。学校用の雑巾をアマゾンで買ったら、実家の母は『昔は手縫いしたのに』とため息です。

 テレワークになって学童に預けることが減り、忙しいときは子供にYouTubeを見させています。これだけ恩恵があるので子供がタブレットを使うのは当然と思う」(小1の娘を持つ40代会社員)

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン