ライフ

「カルディ」で買える商品で挑戦 世界9か国の本場の味再現アレンジ

ああ

『オリジナル アヒージョシーズニング』で作った魚介のアヒージョ

 現在、全国に約470店舗を展開している「カルディ」こと、「カルディコーヒーファーム」には、こだわりのオリジナルコーヒー豆30種類をはじめ、世界約50か国からの食品が並んでいる。今年3月19日にオープンした「イオンモール鳥取北店」で、ついに全国を制覇し、その人気はさらに拡大中だ。世界中から選りすぐりの食品を集めるカルディだが、本場の味が手軽に作れる料理キットやレトルト、インスタント食品も豊富にある。

 旅行の楽しみといえばご当地グルメを味わうこと。コロナ禍により渡航がままならないいま、自宅で海外の料理を再現し、旅行気分を味わいたいという人が増えている。

 しかし、本場の味を知らなければ、おいしく仕上げるのは至難の業。そんなときにもカルディが大活躍だ。

 たとえば、韓国料理でおなじみの「トッポギ」。これは、トックと呼ばれる餅をコチュジャンや砂糖を使って甘辛く煮込んだものだが、食べ慣れなければ、調味料の微妙なバランスがわかりにくい。

 ホームページで公開されている海外の味を再現できるようにアレンジしたレシピをベースに、スパイスや調味料を少し加えれば、さらに本場の味に近づけられる。

 そこで、カルディマニア歴20年という料理家の「たれみ~な」こと澤田美奈さんが厳選した、カルディの調味料を使った世界9か国のお手軽料理&ちょい足しアレンジを紹介しよう。

◆スペイン・好みの魚介で作るアヒージョ

『オリジナル アヒージョシーズニング』 20g(10g×2袋) 163円

 スペインの代表的なタパス(小皿料理)のアヒージョが、簡単にできる粉末調味料。煮込んだオイルに軽く焼いたバゲットを浸しても美味。余ったオイルを野菜炒めに使うのも〇。

 1袋分をオリーブオイル200mlと混ぜてから好みの食材を入れ、弱火で10分加熱する。「『エルブ・ド・プロバンス』というミックスハーブを加えて煮るとさらに風味がアップ」(澤田さん・以下同)。

◆スイス・こんがり焼くポテトのパンケーキ

『スイスデリス ロスティ(スイス版ハッシュドポテト)』 500g 428円

 じゃがいもを細切りにし、表面がカリカリになるまで焼くスイスの伝統的な料理。朝食、おやつ、おつまみのほか、料理のつけ合わせにも活用できる。

 袋の上からよくもみほぐしてからフライパンに入れ、じっくり焼くだけ。「塩味がついているので、味変するならフレーバーオイルがおすすめ。『白トリュフオイル』をかければ、贅沢な味わいにハリッサの辛みも合う」。

◆イタリア・レモン風味の爽やかパスタ

『オリジナル 塩レモンパスタソース』 30g 124円

 にんにくベースにレモンの皮と果汁を加えた、すっきり爽やかなパスタソース。夏の冷製パスタにもおすすめ。肉の下味や、ゆでた魚介などと和えてマリネにしてもおいしい。

 ゆでたパスタにパスタソースとオリーブオイルを混ぜれば完成。「さらに、さばをレモンバジルソースで味付けした『岩手県産 サヴァ缶 国産サバのレモンバジル味』と合わせれば、栄養バランス◎」。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン