芸能

前田敦子、小林麻耶、出川哲朗…騒動の“主役”が見せたプライベート姿

ベージュが大人っぽい

離婚を発表した前田敦子(写真は昨年12月)

 ゴールデンウィークに突入し、今年は早くも5か月目となったが、この間、芸能界ではさまざまなニュースが世間を賑わせてきた。今年、騒動の”主役”となった芸能人たちの近況とプライベート姿を紹介する。

 離婚が明らかになったのは、前田敦子(29才)だ。4月23日、勝地涼(34才)との離婚を発表した。

 交際わずか4か月での結婚、妊娠は世間を驚かせたが、結婚後すぐにすれちがいが生じていたようだ。『女性セブン』は、昨年の春から別居していたことを報じていた。

 ふたりの知人によれば、前田が子育てに協力的ではない勝地を責める一方、勝地も仕事などで帰りの遅くなる前田に何十回も電話するなど、短気な様子もあり、怒鳴り合いのケンカが絶えなかったという。

 2019年の春ごろには“DV騒動”もあったという。

「前田さんはこの頃、家事の最中に足の靱帯を傷めたとして、映画のイベントなどを欠席していました。移動に車いすが必要になってしまったほどの重傷です。そのけがは、実は勝地さんが原因だったんです。夫婦げんかがエスカレートして、勝地さんが前田さんを突き飛ばす形になった。彼女は転んでしまい、骨折したというのが真相のようです」(前田の知人)

 2人の関係は修復することはなく、結婚生活はわずか3年でピリオドを迎えた。

 昨年12月、独立を発表し、所属していた事務所に挨拶に訪れた前田は、どこか吹っ切れた表情をしていた。このとき、すでに仕事だけではなくプライベートも新しい道を歩む決意を固めていたのだろう。

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン