芸能

『おちょやん』、最終週でピークへ 100話かけて描いた不幸がカギ

浪花千栄子の生涯を知るテレビ関係者は、今後の展開にハラハラしているという(写真/共同通信社)

クライマックスへの期待が高まる(写真/共同通信社)

 今振り返ると、一平と離婚して道頓堀から姿を消した第100話が千代の人生における“底”でした。その意味では、「これまで第1週から第20週までの100話をかけて描いてきた千代の不幸や苦労は、すべてラスト3週を盛り上げるための前振りだった」と言えるのかもしれません。

 栗子や春子と3人で過ごす幸せそうな姿も、ラジオドラマで“12人の子を持つ肝っ玉母ちゃん”を演じる生き生きとした姿も、100話かけてじっくり描いてきた不幸や苦労の呪縛を払拭できたから輝いて見えるのでしょう。視聴者としても、千代の悲しみや孤独をさんざん見てきただけに、公私ともに家族を得たことを心から喜べるのです。

 近年の朝ドラは、視聴率を下げずに半年間乗り切ることを優先させ、「批判を避けるために重い展開を続かせない」という作品が主流になりました。実際、「主人公を助ける人が多く、悪人は少ない」「不幸や苦労が訪れても1~2週の放送のみで解消する」という脚本・演出が多いだけに、『おちょやん』の思い切った脚本は際立っています。

因縁の夫、舞台、作品と対峙する千代

 だからこそ最終週では、あと2つ残っている呪縛を解くための物語が描かれるのでしょう。

 それは一平に対する夫婦の呪縛であり、芝居での失敗に対する呪縛。そんな呪縛を解くために、「千代は自分の居場所である道頓堀に戻り、再び鶴亀新喜劇の舞台に立ち、舞台上で号泣した因縁の作品を演じ、裏切った一平をゆるす」という一連の流れが期待できるのです。

 鶴亀新喜劇の舞台も、涙を流した因縁の作品も、一平との共演作だけに立ち直ってなければ演じられません。最後にそんな葛藤を乗り越えて、新たな人生を歩みはじめる千代の姿が見られそうなのです。もちろん重いシーンばかりではなく、岡安や鶴亀新喜劇など道頓堀の大切な人々との再会も描かれ、ネット上は歓喜で沸くでしょう。

 また、もしここで物語が終了したら『おちょやん』は「あえて余力残しで終える」ことになります。モチーフである浪花千栄子さんの女優人生には、黒澤明監督や小津安二郎監督などの作品に出演した映画女優としての活躍や、テレビ番組への出演などもありました。それらを手厚く描くこともできたはずですが、脚本の八津弘幸さんをはじめ制作サイドは、「どん底から立ち直り、新たな人生を歩き出す」という最もポジティブなシーンを最終週に選んだのではないでしょうか。

 いずれにしても緻密かつ意欲的な脚本・演出であったことは間違いなく、視聴率の高低には関係なく、『おちょやん』は人々の記憶に残る朝ドラになりそうです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
国葬当日も行われた反対デモ(時事通信フォト)
フィフィ、“国葬反対”デモ隊に違和感を表明「セレモニーで静かに送り出すのは全世界共通の道徳」
NEWSポストセブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン