ビジネス

イーロン・マスクは本当に天才経営者なのか 大ボラを吹き続ける男の「頭の中」

「火星ロケットでは多くの死者が出る」

 最近の極めつけの発言がこれだ。

「(火星に行く旅の途中で)たぶん、多くの人が死ぬだろう」

 2021年4月にXプライズ財団の創設者兼会長、ピーター・ディアマンディスとのインタビューでのことで、スペースXが目標としている火星移住旅行に関する発言だった。そして、「火星旅行は、快適ではないし、期間は長いし、生きて帰れないかもしれない」と語った。

 ただし、この旅行計画は「志願する人だけだ」と付け加えることも忘れなかった。ちなみに、スペースXは2026年までの火星への有人着陸を目標としている。

 だが、宇宙で死ぬかもしれないと聞くと、“志願者”なんていないだろうと私たちは思ってしまう。それを見透かしたかのようにイーロンは、20世紀初頭に英国人冒険家のアーネスト・シャクルトンが出した、南極探検の隊員募集の新聞広告について語っている。

 その広告には「人材募集。困難な旅、低い賃金、死ぬほど寒く、何か月も続く暗闇、毎日が危険と隣り合わせ、生還の可能性は低い」などの悲惨な説明が並び、最後に、「運よく成功したあかつきに得られるものは、歴史に名を遺すこと」と書かれていた。しかし、この求人には5000人以上の応募があったと伝えられる。

 20世紀初頭の貧しい時代のことだったからだと捉える人がいるかもしれない。だが、21世紀でも似たようなことはあった。

 火星移住を目指したオランダの民間組織マーズワンが、2013年に火星移住希望者を募集したのだが、なんと約20万人の応募があったそうだ。私たち日本人が思っているよりも、冒険したい人間は世界中にたくさんいるようだ。

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン