スポーツ

あれから23年、「衝撃の落選」がなければカズはもう引退していたか?

W杯フランス大会出場の夢実らず、帰国後記者会見した三浦知良(左)と北沢豪(時事通信フォト)

W杯フランス大会出場の夢実らず、帰国後記者会見した三浦知良(左)と北沢豪(時事通信フォト)

「衝撃の落選」から23年が経った──。1998年6月2日、フランスW杯を直前に控えたサッカー日本代表の岡田武史監督(当時)は、合宿地のスイス・ニヨンで「外れるのはカズ、三浦カズです」と三浦知良のメンバー漏れを発表した(同時に北沢豪、市川大祐も落選)。強ばった表情が事の重大さを表していた。

 カズは長年、日本のエースとして君臨してきた。1992年のアジアカップでは初優勝の立役者としてMVPに選ばれ、1993年に開幕したJリーグでも初代MVPに輝いた。同年のアメリカW杯最終予選では4点を決め、大会得点王に。勝てば出場の決まる最終戦のイラク戦でも先制ゴールを挙げる。だが、ロスタイムに追いつかれ、W杯出場は果たせなかった。まさかの幕切れは“ドーハの悲劇”と呼ばれた。

 雪辱を期した1997年のフランスW杯最終予選、カズは9月7日の初戦ウズベキスタン戦で4ゴールを挙げる大活躍を見せる。しかし、3戦目のホームの韓国戦で尾てい骨を痛め、その後も強行出場したことで、状態は悪化。ゴールから遠ざかり、チームは勝てない。30歳の“ベテラン”カズはバッシングの対象となった。

 同年9月に開設されたカズのホームページの掲示板には「引退しろ」「点の取れないFWはいらない」「もうお前さんの時代やない」などの書き込みが相次いだ。10月、管理人が削除した悪質な誹謗中傷は全体の3割にも及んだという(1997年12月22日放送のNHK総合『W杯へ 試練の71日間 ~カズが語るアジア最終予選~』参照)。

 10月26日、ホームのUAE戦で引き分けると、試合終了後に国立競技場の玄関を出たカズにサポーターが「もうやめちまえ!」「何やってんだ!」と罵声を浴びせ、愛車にモノを投げ付けた。日本代表のエースを取り巻く空気は異様だった。スポーツ紙にも、ネガティブな見出しが並んだ。

〈カズ 無視され激怒 PK練習志願もGK陣拒否〉(10月10日 日刊スポーツ 1面)
〈カズ監禁 日本ドロー国立暴動 5000人ファン切れた!! イレブンと競技場内に30分〉(10月27日 日刊スポーツ 1面)
〈ゴン中山 決戦スタメンだ ドゥンガ絶賛「カズは衰えた」〉(11月10日 東京中日スポーツ 1面)

関連記事

トピックス