国内

謎の失踪から丸60年——元陸軍参謀・辻政信の波瀾万丈人生

辻政信の生家(石川県金沢市)

辻政信の生家(石川県加賀市)

 何よりも目を惹くのは、波瀾に満ちたその生涯だろう。

 生まれたのは石川県加賀地方の山深い寒村で、着るものにも不自由するような貧しい炭焼きの家だった。

 両親がなんとか学費を工面したことで名古屋の陸軍幼年学校に進み、首席で卒業。さらに、陸軍士官学校も首席で出ると、陸士卒の中でもわずか1割のエリートしか入ることのできない陸軍大学校に合格し、卒業時には成績優等者に与えられる「恩賜(おんし)の軍刀」を下賜(かし)された。

戦後の潜伏生活後、国会議員として復活

 初陣の「第1次上海事変」では、足に敵弾を受けながらも最前線に立って部隊を指揮し「不死身の中隊長」として一躍、時の人となる。

 ところが、その後に作戦を強行した「ノモンハン事件」では、やはり自ら最前線に立ったものの、甚大な犠牲者を出して大損害を蒙ることに……。その結果、一時は参謀肩章を外した閑職に追いやられてしまう。

 しかし、台湾駐在を経て、南方作戦の立案を任されると、太平洋戦争の緒戦となった「マレー作戦」を主導。イギリス統治下のマレー半島1000kmを一気に縦断・進軍して、イギリス軍の拠点だったシンガポールを占領し、「作戦の神様」と称されるまでになる。

 だが、戦況の悪化と軌を一にするように、辻の“神通力”も陰り始める。後に問題となるシンガポール攻略後の華僑虐殺や、フィリピン戦線でのアメリカ兵捕虜殺害、さらに多くの日本兵が餓えと病気に苦しみ「餓島」とも言われたガダルカナル島の奪還作戦の失敗などにより、その勇名は地に墜ちた。

 そして、駐在していたタイ・バンコクで敗戦を迎えるが、玉音放送を聞いた辻は、戦犯追及を逃れるように、潜行生活に入る。僧侶に扮してラオス、ベトナムを経由して中国に渡り、最後は極秘裏に日本へ帰国し、全国各地で潜伏生活を送った。

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン