• TOP
  • 国際情報
  • 米軍トップに「クーデター男」と叩かれたトランプが「左翼め!」

国際情報

2021.07.18 07:00  NEWSポストセブン

米軍トップに「クーデター男」と叩かれたトランプが「左翼め!」

トランプ氏と蜜月だった頃のミリー氏。話す時もボスにならってノーマスク(AFP=時事)

トランプ氏と蜜月だった頃のミリー氏。話す時もボスにならってノーマスク(AFP=時事)

 ドナルド・トランプ前大統領の周辺がまた慌ただしくなっている。米軍100万人の頂点に立つミリー統合参謀本部議長が、今年1月6日のトランプ支持派による連邦議会議事堂乱入事件をクーデターと呼び、「トランプ氏がそそのかした違法デモは、1933年2月のドイツ国会議事堂放火事件と同じだ」と批判していたことが明らかになったからだ(同事件を契機にヒトラーは全権委任法を制定し、ドイツの議会制民主主義は崩壊する)。

 これに激怒したトランプ氏は長文のステートメントを発表。「嘘八百もいい加減にしろ! 私はクーデターを最も起こさない人間だ」「ミリーという男は左翼過激派分子がアメリカと星条旗を攻撃するのをただ見ているだけだ」と切って捨てた。さらに、「ミリーを統合参謀本部議長にしたのは、この私だ。マティス国防長官や前任のダンフォース統合参謀本部議長の反対を押し切ってしてやったんだ。ミリーほど国防総省で尊敬されていない人間はあまりいない」と激しい個人攻撃を加えた。

 ミリー氏の発言は、近く発売されるワシントン・ポストの2人のピューリッツァー賞記者が書いたトランプ本、『アイ・アローン・フィックス・イット』(俺にしか直せない)に出てくる。CNNや雑誌「ニューヨーカー」がすっぱ抜いた。ミリー氏は、乱入事件から数日後、軍・警察幹部を集め、「奴らはクーデターを計画しているが、成功はしない。軍や中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)の手を借りずにクーデターなど成功するはずがない。銃を持っているのは我々だ」と檄を飛ばしたという。

 ミリー氏はマサチューセッツ州ウィンチェスター生まれ。父親は硫黄島の激戦の生き残りで、兄はノルマンディー上陸作戦に参戦したという軍人一家。ウエストポイント陸軍士官学校を優等で卒業後、プリンストン大学大学院で修士号を取得している。

「ペンタゴンではマティス氏と並ぶ文武両道のインテリ将軍と言われていた」(米主要メディア軍事担当記者)

 一方で、欧州軍最高司令官が順当と見られていたところをトランプ氏に見初められて抜擢されたことも事実だ。2020年6月には、トランプ氏がホワイトハウス前に集合した反政府デモを挑発して近くの教会に徒歩で現れた際に同行。「軍の最高首脳が政治活動に関わるのは違憲行為だ」と激しく糾弾された。ところが、バイデン政権になった2021年6月には、陸軍士官学校で「批判的人種理論」(アメリカの政治・社会制度はすべて白人基準で出来上がっているという理論)を教えていると親トランプ派から追及されたのに対し、「いま社会で起きていることを軍幹部候補生が学んでどこが悪い。私は士官学校でマルクスもレーニンも毛沢東も勉強した」と反論し、リベラル派にすり寄った。「時の大統領とうまく話を合わせる風見鶏」(下院軍事委員会の共和党議員)という批判もある。

関連記事

トピックス