芸能

前田敦子、“半同棲”のカレとは「もう会ってない」離婚問題を親身に相談も

前田敦子

離婚後、半同棲が報じられた前田敦子(写真は2020年6月)

 離婚して3か月の前田敦子(30才)の半同棲愛が8月上旬、『女性自身』に報じられた。勝地涼(35才)との離婚からわずか3か月での熱愛報道に、インターネット上では「ちょっと早いのでは?」「このまま再婚するの?」などと、様々な反応があった。

 新恋人と報じられたのはファッションデザイナーの森川正規氏(37才)。さる前田の知人は、2人の出会いについて「もともと森川さんは芸能界に友人が多い方。その中の1人で、あっちゃんが兄のように慕う松田翔太さん(35才)がきっかけで、仲良くなったと聞いています。森川さんは恋愛経験が豊富なかたなので、あっちゃんが離婚問題で悩んでいる時に、親身に相談に乗ってくれていたのかもしれませんね」と明かす。

 もともと前田は、自他ともに認める恋愛体質だ。あるワイドショーデスクは「好きになったら脇目も振らずにまっすぐ。自ら積極的に恋心を表現するし、交際すると束縛も強いタイプと言われてきました。それゆえにケンカも多いのですが」と話す。

 AKB48を卒業した1年後の2013年からは、歌舞伎俳優の尾上松也(36才)と交際。「松也さんの浮気などがありながらも約2年続いたのは、あっちゃんが別れたがらなかったから」(前出・ワイドショーデスク)

 2018年に結婚した前夫の勝地とは、交際4か月で“できちゃった結婚”も、結婚生活わずか1年半で別居。家を出た勝地は、すぐに離婚の意志を固めていたが、しばらくは前田が諦めずに、離婚成立までに約1年半を要していたといわれる。

 今年6月に出演したテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)では、16才のAKB48時代に初恋愛を経験するも「全然いい恋愛じゃなかった。初めて病んで、もう男の人は怖いってなった」との過去を、自ら告白した。

 森川氏との熱愛報道では、出演舞台の大阪公演の中休みに帰京してまで「森川氏の家にお泊りした」と報じられたが、いかにも彼女らしい行動といえるのかもしれない。だが、前田の事務所に改めて森川氏との関係を聞くと、「(森川さんは)知り合いではございますが、女性誌に報じられたような関係ではございません」と交際を否定した。

 前出の前田の知人はこうフォローする。

「森川さんとは一時期、親しかったようですが、半同棲するような関係ではなかったと聞いています。今の彼女は独立して仕事に集中しているし、何より子供が第一ですからね。恋愛は二の次でしょう。あっちゃん本人も森川さんとは“もう会ってもいないのに”と言ってましたよ。

 長らく離婚問題に悩んできたし、世間の抱くイメージの『恋多き女』とは少し違うので、しばらくは再婚もないと思いますよ」

 今はまだ離婚の傷を癒やす時期、ということなのだろう。

関連記事

トピックス