ライフ

最新エッセイが話題の佐藤愛子さん 元気を与える“刺さる言葉”とは

佐藤愛子さん

最新&最後のエッセイが話題の佐藤愛子さん

 今年5月、突然の断筆宣言をした作家・佐藤愛子さんのエッセイ集『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』が、8月6日に発売された。

 累計133万部のベストセラーとなった前作『九十歳。何がめでたい』から5年ぶりとなる、この最新で最後のエッセイ集は、全国の有名書店ベストセラーランキングに登場。紀伊國屋書店全店・エッセイ部門1位(8/7~114)、くまざわ書店・エッセイ部門1位(8/2~15)、三省堂書店全店・日本文学 女性作家部門1位(8/2~10)、丸善ジュンク堂書店 現代文学部門1位(8/2~15)……と、軒並み1位にランクインし、早くも重版が決定した。書店員の礒部ゆきえさんはこう話す。

「年配の女性にとって、佐藤愛子さんはきっとアイドルなんだと思うんです。友達同士でいらっしゃって、愛子先生の新刊が出てるわよ、と言って買っていかれるかたも多いですね。装丁も『九十歳。何がめでたい』と同じテイストになっていて一目で続編とわかるので、皆さん、買いやすいんだと思います」

 さらに、前作から50ページ以上が追加された完全保存版ともいえる文庫版『増補版 九十歳。何がめでたい』も同時発売。こちらもたちまち重版が決まっている。

年配の女性に刺さる言葉

 では、佐藤さんのどんな言葉が、年配の女性たちに“刺さる”のだろうか。2冊の中から、佐藤さんの魅力が伝わる言葉を紹介する。

●『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』より

北海道に別荘を建てた際、大工の見込み違いで予算オーバーするとわかり──

「それじゃあね、こういうテはどうかな。二階はそのまま、ガランドウのままでほっとく。天井も内壁もいらない。床も下張りだけでいい。外壁だけあれば雨風は防げるから、内壁はいらない……。それでナンボか安くなるでしょう」

エッセイ「不精の咎」より

 *
老いてからの長い歳月を前向きに過ごすためのコツを記者に聞かれ──

「うーん」/ひとまず私は唸った。
 ──べつに老人が前向きに生きなければならないってことはないんじゃないの?
 それが私がいいたいことである。もっと端的にいうと、
「もう前向きもヘッタクレもあるかいな」
 という台詞だ。

エッセイ「前向き横向き正面向き」より

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン