芸能

デビュー40周年の渡辺徹 「自分は何者なのか」悩んだ過去

歓びを感じるポイントは「10代も60代も変わんない」

 9月には親子初共演の舞台を踏む。NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』などの脚本家、岡田惠和氏が手掛ける『いまさらふたりでpart2 朗読劇「家庭内文通」~きっかけは いつも夫婦喧嘩!家族の愛情物語~』。

 2017年の『いまさらふたりでpart1』は榊原との朗読劇だったが、今回は長男で俳優の渡辺裕太も加わり、3人で物語を紡ぐ。タイトル通り、夫婦が喧嘩するところから始まるフィクションだが、岡田ワールドならではの生きた言葉によるリアルさが漂う。

 渡辺は「家族は遠慮がないから、壮絶な稽古になる。読み合わせも、自宅でやっちゃうと終わり時間がみえないし、生活のオンオフがなくなる。前回で経験して、二度とやるかと思ってたのに……」と茶目っ気たっぷりに言いつつ、「ただ、大変だったものって、終わった時にすごく達成感があって」と楽しみを隠せない。仲間と一つのものを作り上げる歓びは、生徒会長の時に経験した想いと変わりませんね、と水を向けると、「10代でも60代になっても変わんないね」と笑った。

【渡辺徹】
俳優。1961年5月12日生まれ、茨城県出身。1980年、文学座研究所に入所。ドラマデビューは1981年「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)、初舞台は1984年文学座本公演「マリウス」。1987年、歌手・女優の榊原郁恵と結婚。ゴールデンアロー賞新人賞(1982年度)、エランドール新人賞(1984年度)、菊田一夫演劇賞(2001年度)受賞。

『いまさらふたりでpart.2 朗読劇「家庭内文通」』
日時:2021年9月25日(土)12:00開場 13:00開演 / 16:30開場 17:30開演
会場:東京・草月ホール / 料金:7000円
有料配信(PIA LIVE STREAM):夜公演17:30開演 3000円 / アーカイブ期間:9月28日23時まで
出演者:渡辺徹 / 榊原郁恵、ゲスト:渡辺裕太

●取材・文 /  吉河未布 撮影 / 内海裕之

関連キーワード

関連記事

トピックス