• TOP
  • 芸能
  • 別居の長谷川京子 カフェで客が三度見した白Tシャツの胸元「40代で成長中」

芸能

2021.09.30 13:00  NEWSポストセブン

別居の長谷川京子 カフェで客が三度見した白Tシャツの胸元「40代で成長中」

美しさ際立つボディで現れた長谷川京子

美しさ際立つ“ボディ”で現れた長谷川京子(2021年9月)

 結婚13年目を迎えた長谷川京子(43才)とロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47才)が、別居生活を送っていることを女性セブンが報じた。近年、関係者の間では、長谷川の見た目の変化を指摘する声もあった。

 9月下旬、都内のカフェで熱心にスマートフォンとにらめっこする長谷川の姿があった。チェックのジャケットにスキニーパンツ、インナーには白い透け感のあるTシャツを合わせている。スラリと伸びた長い足も艶めかしいが、それよりも視線を集めるのは、高い位置をキープした彼女の胸元だ。

「スタイル抜群の女性がいるなと思ったら長谷川さんでした。タイトで胸元がザックリとしたTシャツを着られていたので、ふくよかな胸が目立っていました。ものすごくきれいな谷間で何度も見てしまい……彼女はテラス席に座っていたので、多くの視線を集めていましたよ」(居合わせた女性客)

 街中でも一際視線を集めていた長谷川の胸元だが、かつてはコンプレックスだったという。

「20代の頃、ファッションモデルの仕事がメインだった彼女は、大きな胸がコンプレックスだったと語っていたました。モデルはスレンダーな方が多い業界ですからね。でも、結婚、出産、育児を経て、再び自分の体を見つめ直した時に、この胸も含めて“自分の体を愛おしむ”と考えを変えたそうなんです。以降はご自身のインスタグラムなどでも、胸元が開いた露出度が高い服を着ることも増えました」(長谷川を知るスタイリスト)

 近年、長谷川は月に一度はバストサロンに通い、美バストをキープするためにケアを怠らないという。かつて自身のYouTubeチャンネルでも、こだわりのバストケアについてこう語っている。

〈(出産後に胸が)やっぱこう削げたりとか、あと横に流れたりとか。重力に負けたりとかやっぱしてきたんで。うーんなんか、抗う必要もない気もするけど、抗ってみようかなと思ってバストサロンに行って。で、バストサロンに行くと背中に胸の肉が流れるんだって。背中とかここらへんの(脇と背中の間を揉むしぐさ)肉をこうやってほぐして、はがして、前に持ってきてくれるの。で、それをブラジャーにちゃんと入れ込む、っていうのを1か月続けると胸が戻ってくるというか、柔らかい胸になって。

 元には戻んないよ、もちろん。20代の胸に。愛でてあげるとここまでになるんだ、って自分の体って。まずたぶんね、カップがあがると思うよ。カップが上がるとちょっと嬉しいじゃん〉

 かつてコンプレックスだった胸を今は受け入れ、愛しているという長谷川。その胸は努力の甲斐もあり、40代以降も美しく成長し続けているという。

関連記事

トピックス