国内

小室圭さんが働く法律事務所「2~3年で3分の2がクビ」の過酷な職場

報道陣に一礼もした

結婚後の米国での生活、収入は安定するのか(写真は成田空港にて)

 かねてより日本中の注目を集めてきた秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約内定者の小室圭さんが結婚する。9月27日、米ニューヨークに留学していた小室さんが約3年2か月ぶりに帰国。2週間の隔離期間を経た後、10月26日に婚姻届を提出し、2人で記者会見する予定だ。

 結婚への懸念材料だったのが、小室さんの収入だ。帰国前の報道では、小室さんがアメリカの法律事務所に勤務中であることや、そこでの年収が2000万円ほどとも報じられている。しかし、ハーバード大学のロースクールを卒業し、ニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由氏が、現地での厳しさを語る。

「日本では聞きなじみのない法務助手として仕事をしていますが、小室さんの場合、司法試験に受かる前の便宜的な役職だから、ほぼ弁護士1年目のようなものです。小室さんが働いている法律事務所は、大手並みの初任給をもらえる、新興事務所といった立ち位置のようです。現地の弁護士に聞いたら、2~3年で3分の1くらいの人数に絞られるようで、切られる場合は本当に急にクビになりますよ」

 クビを切られた場合はどうなるのか。

「小さな事務所に転職するか、企業の法務部に移ることもあります。ニューヨークを諦めて田舎に帰る人もいますが、日本に帰るのは眞子さまと小室さんには厳しいでしょう。ある種、退路を断たれた感じはしますね。

 年収2000万円という額についても、現地弁護士の知人にすごいね、と言ったら『ラーメンが25ドルで、そこにチップが20%必要なのがニューヨークなのよ』と返されました。1杯約3500円のラーメンの都市と考えると、2000万円は決して高すぎる年収ではないのでしょう」(山口さん)

学生寮にいまも住む小室さんの未来

 フォーダム大学への留学当時、小室さんは学生寮で暮らしていたが、卒業式を終えたいまも実はそこを生活の拠点としている。それも、金銭面が原因なのかもしれない。

「いくら弁護士とはいえ、社会人1年目の外国人の若者が、セキュリティーが充分な物件に住むのは金銭的にも慣習的にも簡単なことではありません。しかも、日本での仮住まい期間、アメリカと日本の両方の家賃を払うのは無理でしょう。大学側に便宜を図ってもらったのかもしれませんね」(地元の不動産関係者)

関連記事

トピックス