芸能

極悪ぶりが話題の鈴木亮平 着替えるように役を演じ分ける並外れた才能

ドラマが絶好調

鈴木亮平の笑みが観客を恐怖に陥れる理由とは?

 8月20日より公開中の映画『孤狼の血 LEVEL2』。封切りから最初の3日間の累計で13万6000人を動員し、興行収入は1億9300万円を売り上げる好スタートを切った話題作だ。本作で特に注目を集めているのが鈴木亮平(38才)の怪演。その極悪非道ぶりは、直近放送されたドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)での爽やかな救命医役とのギャップでさらに際立っている。振れ幅の大きい鈴木亮平の演技について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
『孤狼の血 LEVEL2』で冷酷非道なヤクザを演じた鈴木亮平。一方、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』では心優しい熱血救命医を演じた。この真逆の役どころに、SNSでは「同じ俳優とは思えない」、「鈴木亮平の人好きする笑顔が真逆のベクトルで生かされている2作品」といった声が溢れた。2作で鈴木が演じたキャラクターのギャップが大きな話題となっているのだ。確かに前者での鈴木は、残虐すぎてとても同一人物だとは思えない。映画を鑑賞後、人間不信になること間違いなしである。

『孤狼の血 LEVEL2』は、2018年に公開された『孤狼の血』の続編。作家・柚月裕子(53才)による小説『孤狼の血』シリーズ三部作を白石和彌監督(46才)が映画化したもので、本作では原作には描かれていないオリジナルストーリーを展開している。舞台は広島の裏社会。街の秩序のため、警察と裏社会のタイトロープを担っていた一匹狼の刑事が、とある男の登場によって窮地に追い込まれていくさまが描かれている。鈴木が演じているのは、この“とある男”、暴力団・上林組の組長である上林成浩だ。

 一方の『TOKYO MER』は、救命救急の現場を描いた医療ドラマ。自らの危険を顧みずに人々の命を救うため奮闘する医療従事者たちの熱き姿が描かれている。「TOKYO MER」とは、都知事の意向で新設された救命救急のプロフェッショナルチーム。重大事故、災害、事件の現場にいち早く駆けつけ、“一人も死者を出さないこと”がミッションとして課されている。鈴木は本作の主演で、経験豊富な頼れるリーダー・喜多見幸太役を演じた。

『孤狼の血 LEVEL2』で鈴木が表現している上林の“極悪ぶり”は凄まじい。やる事なす事のすべてが度を超えており、思い出すと寒気がしてくるほど。完全に振り切れている。非道な鈴木の言動のほとんどは脚本に書かれているもののはずだが、だからといってここまでの極悪なキャラクターを誰もが確立出来るわけではない。そこではやはり、細やかな表現力が求められるはずだ。鈴木は表情と感情のズレを、正確にコントロールしており、例えば笑みを浮かべながら怒声を発する表現などは、内面と外面のアイソレーションが見事だ。笑顔の中には温かみが微塵も感じられず、生気を完全に失った目が暴力行為に興じる時にだけ生き生きと輝いて見えるのが何よりも恐ろしい。

関連記事

トピックス