国内

人口400人の過疎の町「島根・石見銀山」でベビーラッシュの理由

島根・大森町

島根・大森町のメインストリートには子どもの元気な声が響く

 島根県大田市大森町。世界遺産・石見銀山がある人口400人のこの町に、全国から若者が集まっているという。大森町には、群言堂ブランドを中心にアパレル業や飲食業を全国展開する株式会社石見銀山生活文化研究所の本社があるが、この本社で働く社員の3分の2はIターン・Uターンで移住してきた若者だ。

 なぜ、この小さな山間の町に若者が集まるのだろうか。

 株式会社石見銀山生活文化研究所代表であり、今年1月に総務省主催「令和2年度ふるさとづくり大賞」内閣総理大臣賞の受賞をきっかけに、『過疎再生 奇跡を起こすまちづくり』を上梓した松場登美さんに聞いてみた。

「若い人たちが我社に興味を持って、移住してくる人が増えたのは10年前ぐらいでしょうか。単身者だけでなく、家族でやってきた人やここで結婚して家族が増えた人もいます。大森町には、我社だけでなく、義肢装具の製造を行う中村ブレイスさんなど、ある程度の雇用を生み出す規模の会社があり、移住者が快適に暮らせる環境があることが、移住者が増えてきた第一の要因でしょうね」

松場登美さん

「令和2年度ふるさとづくり大賞」内閣総理大臣賞を受賞した松場登美さん

 大田市役所まちづくり定住課によると、2012年3月から2021年3月までに大森町に転入した世帯数は32世帯、出生数は43人、年間平均出生数は4.8人。たった400人の町にベビーラッシュが起こっている。

「町内の唯一の保育園である大森さくら保育園は、一時期は園児が2名まで減り、存続が危ぶまれましたが、現在は25名まで増えました。待機児童が心配されたほどです(笑)。

 大森町にやって来る若者たちは、単に収入だけでなく、稼ぐこと以上に有意義なことを求めてきているのでしょうね。かつて東京の広告会社で働いていた社員が、大森町に来てから『東京では働くために暮らしていたけれど、ここでは暮らすために働く』という名言を残しています。若い人たちが大森町での暮らしに幸せを感じてくれているとしたら、ここには昔ながらの美しい町並みや豊かな自然、あたたかい人間関係などがあって、人間らしい暮らしができるからなのかもしれません」(松場登美さん)

関連記事

トピックス