ライフ

一雫ライオン氏『二人の嘘』を語る「大人が読める恋愛小説を書きたかった」

一雫さん

発売以来、重版を重ねている『二人の嘘』

 小説の中に、「門前の人」という印象的な言葉が出てくる。礼子がかつて裁いた蛭間(ひるま)隆也も、東京地裁の「門前」に立っていたことが、礼子の同僚の目に留まる。

「『門前の人』というのは資料として読んだ本で知って、これをタイトルにしようかと思ったくらい心惹かれるエピソードでした。判決に不満があったり、裁判所に対して何か物申したりしたい人が、門の前でビラを配ったり拡声器で喋ったりするんです。ぼくが東京地裁に行ったときにもいて、蛭間隆也という現代にあまりいないタイプの寡黙で孤独な男が『門前の人』になるアイディアが生まれました」

 他の国と比べても、日本の裁判官は数が少ないと言われる。激務をこなしながら、2009年に導入された裁判員制度にも対応し、雑誌の表紙にもなり、弁護士の夫との私生活でも隙を見せない完璧な礼子が、「自分は何か間違えたのかもしれない」と自問するところから、道ならぬ恋は始まっていく。

「大人が読める恋愛小説が書きたかった。パートナーがいても、誰かに惹かれてしまう、しかも軽い気持ちでなく惹かれてしまうとき、人はどんな風に感じ、行動するのか。理性が引き留めるのに、その線を越えてしまう。読んだ人が自分もこんな風に生きてみたかった、と思える小説を書いてみたかったんです」

 冒頭に、悲劇的な結末が待っていることが示される。二人はどんな風に出会い、たがいに惹かれていったのか。悲劇にいたるまでの過程が描かれていく。

脚本を書いた瞬間に「こっちだな」と思った

 執筆するときは、なるべく自分の無意識の部分を大切にしたかったと話す。

「最初に主な登場人物を書き出していったとき、片陵礼子、蛭間隆也、礼子の夫の片陵貴志、と書いていって、なぜか、礼子の伯母と書いたんですね。なんで母親より前に伯母って書いたんだろうと思って、伯母に育てられたという礼子の過去が浮かびました。

 脚本を書いてきたから、『了』と打つまで無理やりにでもストーリーをつないでいくことはできるんですけど、そういうことはしたくなかった。多少、でこぼこしていびつでも、自分の感覚みたいなものを手探りしながら書いていくようにしました」

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン