国際情報

上海でパフォーマーが食品ロス喚起のため川に純金粒500g投げる

食品ロス喚起のためだったが…

食品ロス問題喚起のためだったが…

 中国上海市で、パフォーマンス・アーティストの楊業新氏が食品ロスに関心を持ってもらうために、市内を流れる黄埔江や街なかのマンホールなどに純金1000粒、重さにして500グラムを投げ捨てるパフォーマンスを行い、その映像を中国版短文投稿SNS「微博(ウェイボー)」に投稿したところ、2億ビューに達した。しかし、ネット上で「食べ物を廃棄するのと、純金の粒を捨てることは意味が違う。あまりにもばかげている」などとの批判が殺到し、炎上してしまった。

 これに対して、「金の粒を捨てるのはもったいないと言う人がいるが、米の粒を捨てるのはまったく気にしない。そういう人たちこそ、楊氏が問題を喚起しようとした人たちなのだ」などとする人々のコメントも出ている。北京の週刊誌「中国新聞週刊」が報じた。

 楊氏がパフォーマンスを行ったのは10月16日、この日は今年が第41回目の世界食料デーに当たっていた。黄埔江などに投げ捨てた純金の粒500グラムは時価で23万元(約390万円)に相当するという。

 これについて、楊氏は「普通のものを無駄にしても、人々の興味を引くことはできません。極端な浪費だけが、人々に食品ロスの問題がいかに深刻であるかを理解させ、そして彼らの考え方や行動を変えることができるのです」と訴えている。

 ところが、楊氏の主張や目論見とは違って、ネット上では「金はさまざまな産業技術に利用できる。1000粒のコメを捨てるのはそれほどもったいないとは思いませんが、金を捨てるのは、それこそ資源の無駄使いではないか」と楊氏のパフォーマンスを批判する声が多数寄せられた。

 中国新聞週刊によると、17日の午後までに、同誌のアンケートに回答した2万7000人中の60%以上が「金の粒を捨てる行為は無駄だと思う。捨てるくらいならば、食品ロスをしないように、金を有効利用すべきだった」などと批判的な声を寄せている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン