国内

小室佳代さんの不正受給疑惑 偽名、給料…全てを知る飲食店経営者が告白

佳代さんの金銭トラブル

佳代さんが働いていた軽井沢の喫茶レストラン経営者が語る

 眞子さんと小室圭さんは、婚約内定会見から4年の時を経て、10月26日にようやく結婚が実現。しかし、小室さんの母・佳代さんが抱える金銭トラブルは未解決だ。さらに佳代さんには、夫が亡くなってから遺族年金を受給していたものの、実際には事実婚の相手がいたこと、さらに勤務先から傷病手当を受けながら、別の店で働いていたことの2つについての「不正受給疑惑」もある。

 佳代さんが働いていた別の店とは、知人が経営する軽井沢にある喫茶レストラン。彼女はホールやバックヤードで働いていたという。佳代さんの知人によれば、佳代さんは同店で偽名を使っており、お店の人からは“あーちゃん”と呼ばれていたとのこと。正社員として勤務していた都内の老舗洋菓子店からは適応障害を理由に休み、傷病手当を受け取りながら、別の場所で働いていたのだ。

 すべてを知っているはずの喫茶レストランの経営者の女性は、どう答えるか。まず、店で働いていたかどうかについて聞けば、

「ホールに出ていたときもね、バリバリ働いてもらっていたわけじゃないわよ。佳代さんは気遣いのかただから、『ママ、運びましょうか』と私に言って自分から手伝ってくれただけです。給料なんかまったく渡していません。2階にいながら、営業中の下の階が大変そうに聞こえたら下りてきて手伝うくらいの感じよ。

 確かに『周りの目は大丈夫かしら』と気にしたこともあったけど、『やましいことなんて何にもないから、普通に堂々と生活すればいいのよ』と伝えました」

 と言う。佳代さんには頼もしい存在であろう。しかしそこまで言うなら偽名を使う必要はなかったのではないか。

「ああ……“あーちゃん”って呼んでいたこともあるかもしれません……。でも隠すためじゃなくて、守るためよ! あーちゃん以外にも、あと2つか3つ違う名前を付けて呼んだりもしていたわ。頭文字で“Kさん”と呼んだりね」

 頭文字のKさんだと、図らずも息子の圭さんと同じ音になるのだが……。そして最後に、「警察だろうが検察だろうが、誰が来たって私は全然平気よ」と、自信に満ちた言葉を残した経営者の女性。給料を渡していない、ということを一貫して語っていたが、厚生労働省保険局によれば、

「ほかの場所で同じようなお仕事をされている場合は、そこで報酬を受け取っているかいないかに関係なく、その事実をもって医療保険者(※加入している団体)が支給の可否を再検討することはあります」

 とのこと。結婚や会見などでは区切ることができない問題が、いまなおくすぶり続けている。

※女性セブン2021年11月11日・18日号

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン