ライフ

開高健賞作家・畠山理仁氏 総選挙真っ只中に読みたい選挙エッセイ

 冒頭の熊本知事選挙は〈選挙は不要不急の外出には当たらない〉との方針を初めて世に知らしめ、〈選挙期間中も公務に専念〉を宣言した現職が選挙延期を申し出た元市長を圧倒して決着。以来演説会も握手も避けるが選挙は決行というのが、新しい常識となった。

 時に有力候補から嫌われ、予定を隠される度に「意地でも突き止めるノウハウを磨いた」著者としても戦略変更は必須。オリジナルの〈街宣スタンプ帳〉を作り、「全員+生」をなおも貫く取材姿勢には、頭が下がる。

「でもまあ基本的に好きでやってることなんで(笑)。例えば〈選挙運動ゼロ〉の現職勝利に終わった熊本知事選が無駄な選挙だったかというと、絶対に違うと僕は思う。数百票の得票で終わる無頼系候補もそうですが、彼ら対立候補が出て初めて選挙は成立し、玉石含めた多くの政策が示されます。熊本では、ある県政の課題を元市長が争点に掲げたから現職も対策に動いた。単に誰が勝ったかで選挙を終わらせてはいけない。

 候補者と有権者が選挙を通じて成長した先によりよい政治や社会はあるはずです。選挙を過程と捉え、無駄にするもしないも、僕ら有権者次第だと思います」

最初はイロモノ扱いでも金の卵

 候補者も政策も決して今が完成形ではなく、誰か魅力ある人物に各々が思う政策を足したり引いたりし、有権者も一緒に育っていくことは十分可能だという。

「特に日本は双方向のコミュニケーションが圧倒的に足りていないんです。基本的に面白いんですよ、選挙に出る人って。だからいろんな選挙事務所を気軽に訪ねてみてほしい。直接会う情報量って物凄いから、マスク姿を遠目に見るだけでも勘が働きます。そしてこれはいい、と思う人にはどんどん関わってほしい」

 著者が感染対策上の変化以上に危惧するのが、投票率の恒常的な低下傾向だ。

「例えば投票を義務化したオーストラリアでは、棄権した場合の罰金は約2000円です。それで投票率は90%以上。日本も選挙に行けば1万円もらえるなどの工夫をしないと、投票率向上は無理かもしれません。難しく語られがちな選挙や政治をもっと気軽に語れるものにすることも大事です。家族や友人と連れだって選挙に行くなど、日頃から選挙に親しんでほしい。だからお気楽な“漫遊記”にしたんです。実際はコロナで美食にも温泉にもありつけず、なかなか漫遊できていないんですけどね(笑)。

 僕は選挙が観光資源にもなると思っています。選挙ツーリズムを広めたい。なぜなら、よその選挙の方が冷静に観察できるからです。その経験値が地元の選挙に生きればいいし、選挙漫遊は純粋に楽しいんです」

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン