芸能

画家・さかもと未明 仏サロン・ドートンヌ入選で感じた「芸術の海」の広大さ

サロン・ドートンヌに入選したさかもと未明氏と入選作品「Bateau L'avoir」

サロン・ドートンヌに入選したさかもと未明氏と入選作品「Bateau L’avoir」

 漫画家としてデビューし、現在は多方面で活躍を続ける、作家・アーティストのさかもと未明氏(56)。特に最近は画家としての活躍が注目を集めており、10月27日からフランス・パリで開催された名門展覧会「サロン・ドートンヌ2021」でも入選を果たし、11月9日からはパリで個展も開催する。現在、渡仏中のさかもと氏が、サロン・ドートンヌ入選についての率直な思いと、入選を経て変化したアーティストとしての意識について綴った。

 * * *
 9月に「サロン・ドートンヌ入選」の通知をもらった時、封紙に「入選・選外」の項があり、「入選」に丸が点いていた。そんなそっけなさが、むしろきちんとした審査を潜り抜けた証のような気がして、心臓がコトン、と高鳴った。

 サロン・ドートンヌは100年以上の歴史を誇る、フランスの名門展覧会だ。とはいえ、その成り立ちはかなり革新的だ。当時のフランスの名門絵画展は「ル・サロン」という、アカデミックな官展が主。とても保守的なもので、ポール・セザンヌやアンリ・マティスら、“未来の巨匠”たちも落選を繰り返した。そこで、ル・サロンに対抗して作られた、「秋のサロン」を意味する展覧会が、サロン・ドートンヌだ。その後、フォービズムやキュビズムなど、絵画史を大転換させる才能を輩出した。日本からは、藤田嗣治、東郷青児、佐伯裕三、ヒロ・ヤマガタらの入選も知られている。

 そんな由緒ある展覧会なので、「落ちたとしても恥ずかしくない」という気持ちで応募はしていた。でも、やはり入選は嬉しかった。その嬉しさはじわじわと私の中で広がり、その日、自宅に帰ってきた夫に入選を告げると、「おめでとう。恐ろしくお金のかかる、家事を全然しないで『お絵描き』だけしている奥さんに、これまで耐えてきた甲斐があった」と、皮肉を交えながらも、涙ぐんで喜んでくれた。それが何よりまず嬉しかった。そして、ただの「お絵描き」でなくて「アート」を作っている「画家」だと納得してもらえたのだと実感した。

 私は2006年に膠原病に罹患した。一度は余命宣告を受けるまで悪化し、水の入ったコップを持ち上げることもできず、歩行も困難になった。数年間、ほとんどの活動を休止していた。そうした中で、夫の支えもあって、画家として再起することができた。

 サロン・ドートンヌに挑戦しようと思ったのは、コロナ禍であったことも理由のひとつだ。2019年、多くの人たちの支えもあって、ホテル椿山荘東京での個展を開くことができた。すぐにパリとラスベガスで個展が決まり、順風満帆に感じていた。でも、その矢先のコロナ禍。ラスベガスの個展は中止が決まり、パリで個展を開くはずだったギャラリーは、長引くロックダウンを機に閉店を決めてしまう。

 急転直下で道を閉ざされたように感じていた。2つの海外個展のために、ほとんど何の仕事も入れていなかった。私は時間ができたのをいいことに、夫と2人で、画家たちの伝記映画を見まくった。そこで、名だたる画家たちが落選を続けた「ル・サロン」や、それに対抗して作られた「サロン・ドートンヌ」の歴史を知ることになった。

 そんな2020年初めのウェブ検索中、やたら目に飛び込んでくる広告があった。「日本・フランス現代美術世界展 サロン・ドトーヌ協賛」。これは、あのサロン・ドートンヌのことかと調べると、主催するJIAS/欧州美術クラブは、長年サロン・ドートンヌに日本画家を送っている団体だということがわかった。意を決して作品を作り応募すると、幸いにも同展に入選することができた。それならば、と続けて送付された本家フランス、サロン・ドートンヌの公募の案内を見て、応募を決めた。

 今ふりかえると、「コロナ禍」が幸いして私に道を開いてくれたと考えることもできる。人間万事塞翁が馬。その後、パリの別のギャラリーで11月に個展を開催することも決まった。10月末のサロン・ドートンヌの直後というタイミングも、天が差配してくれたかのように感じた。

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン