ライフ

がん克服の竹原慎二氏、黒沢年雄氏が語る医者選びとがん保険の大切さ

2014年に膀胱がんが発覚し、見事克服した竹原慎二氏(時事通信フォト)

2014年に膀胱がんが発覚し、見事克服した竹原慎二氏(時事通信フォト)

 2014年に膀胱がんと診断されて克服した「がんサバイバー」の竹原慎二氏(49・ボクシング元世界チャンピオン)。がんの発見は初診から2年もかかってしまったという。

「2012年の1月頃に激しい頻尿に見舞われて医者に行ったら、『膀胱炎か前立腺肥大症かも』と言われ薬を処方されただけでした。思うように改善されないまま月日が過ぎ、2013年の大晦日に大量の血尿が出た。翌年の2月に精密検査をして『膀胱がん』と診断されました」

 発見された時にはすでに進行しており、医療用ロボット「ダヴィンチ」で手術をする際にはリンパ節へ転移してステージ4になっていた。竹原氏はそこで、「医師との付き合い方を間違えた」と後悔した。

「その医者とは10年来の付き合いで公私ともに仲良くしてきたんです。それが、がんが見つかった時は『俺のせいじゃない』と急に素っ気ない態度になってしまった。

 もともと『ゴルフに行こう』『食事をしましょう』とミーハーなところがある人でした。とはいえ、自分に非がないような態度は辛かった。私が学んだのは医者とはプライベートで付き合ってはいけないということ。公私の分別をつけて本当に患者の身になってくれる人を探すことが大事だと身に染みて学びました」

 無事にがんは克服したが、「人工膀胱」になったことで苦労は絶えない。

「11時間にも及ぶ手術で術後の痛みはボクシングをやっていた私でも半端じゃなかったです。新しい膀胱は尿意を感じないのが大変。普通に排尿しようとしても出てこないので、腹圧で尿を出さなきゃいけない。溜めすぎるとよくないので、夜も5時間以上熟睡したことはありませんよ」

 竹原氏と同じ膀胱がんを含む4つのがんを克服した俳優の黒沢年雄氏(77)は、「私はそれでも恵まれていた」と話す。

「合計8回も手術をしたし、リハビリでも弱いところを見せられないから辛いですが、保険に入っていたお陰で金銭的には不自由しなかったからね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト