芸能

水谷豊の黎明期 子役デビューと家出、ショーケン、優作との出会い

水谷豊

『オレの愛妻物語』(日本テレビ系)では、大竹しのぶと夫婦役を演じた(写真/女性セブン写真部)

 この家出は、その後の水谷をつくる、大きな出来事となる。

「何か、劇的な出来事があって家出をしたわけではなく、自分探しといったところだと思いますね。でも、帰ってから、周囲の人に『なんか変わったね』と言われたと、音楽番組で語っていたことがありました。人生を考える上でいい機会になったのではないでしょうか」

 自分探しの旅から戻り、19才となった水谷は、知り合いのプロデューサーから「ちょうど19才の役を探している」と声をかけられ、収入のいいアルバイトという感覚で、俳優の仕事を再開する。

マカロニと対峙する犯人役にぴったり

 俳優に戻った水谷は学園ドラマに出演。1960年代後半から1970年代は学園ドラマのブーム全盛期。数々の学園ドラマが制作されていた。水谷は『炎の青春』(1969年/日本テレビ系)で優等生役。その後、『飛び出せ!青春』(日本テレビ系)ではカンニングに手を染める生徒役を、『泣くな青春』(フジテレビ系)では、不良のリーダー役を演じている。

 これらの役に目を留めたのが、元日本テレビプロデューサーの岡田晋吉さんだ。岡田さんは、当時の水谷の姿を次のように振り返る。

「『炎の青春』と『飛び出せ!青春』に出ている豊を見て、10代の若者が持つ発散できないようなイライラ感を表現するのがうまいな、と思いました」(岡田さん・以下同)

 当時、『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)の企画に携わっていた岡田さんは、水谷を犯人役に抜擢する。

「『太陽にほえろ!』の第1話はショーケン(萩原健一さん・享年68)が演じるマカロニ刑事の登場シーンから始まります。

 マカロニは、ピストルを撃ちたくて刑事になったような男で、刑事になっていなければ、犯人になっていたかもしれないという、危うい設定でした。マカロニと対峙し、そのキャラクターを浮き彫りにする犯人役には、豊がぴったりだと思ったのです」

 岡田さんの予想は的中。2人の息はぴったりだった。

「クライマックスシーンは印象的でしたね。後楽園球場で犯人役の豊を、マカロニ刑事のショーケンが走って追いかけるのですが、観客席は広くて段差があるので、途中で休んだり、いい加減に走っても編集でうまくつなぐことができるのですが、2人とも全力疾走!

 懸命に走る彼らを見て、『このドラマは当たる!』と、私は確信したのです」

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン