芸能

水谷豊の黎明期 子役デビューと家出、ショーケン、優作との出会い

hagiwara

生前「豊ちゃんは真面目だった」とバラエティー番組で語っていた萩原健一

 萩原さんとの思い出について、2019年5月4日放送のTBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』に出演した水谷は、次のように語っている。

〈あれ(『傷だらけの天使』)始まったとき、いま、思い出すと、始まって間もなく『きょうウチ来る?』って言って、ショーケンさん、結婚してたんだけど、泊まっていけよって。泊まったんだ。一緒に風呂入れよって。2人でショーケンさんの家の風呂に一緒に入って背中流して、一緒につかって……そんなところから始まった〉

 もう1人、水谷が「生涯の友」と語る俳優がいる。『太陽にほえろ!』で共演した松田優作さん(享年40)だ。岡田さんは、2人の出会いについて回顧する。

「当時、優作はほぼ新人の状態。豊は優作より3才年下ではありますが、キャリアとしては先輩でしたから、優作に芸能界とはどんなところなのかを教えるための、いわば教育係も兼ねて、再び犯人役に起用したんです」

 2人はすぐさま意気投合。「豊ちゃん」「優作ちゃん」と呼び合い、2人で旅行に出かけるような関係になっていく。

 そして、1975年『俺たちの勲章』、1979年『探偵物語』(ともに日本テレビ系)で共演。『俺たちの勲章』のもう1人の主役、中村雅俊(70才)とも出会い、友人関係を築いていった。

『傷だらけの天使』で知名度が上がる

 1974年『傷だらけの天使』(日本テレビ系)では、萩原さんが演じる“雇われ探偵”小暮修の弟分・乾亨役を好演。この作品は社会現象となり、「アニキィ〜」という口癖や、スカジャンにリーゼントというファッションを真似た若者が街にあふれていた。

 この亨役に水谷を指名したのが、萩原さんだった。

「『太陽にほえろ!』でマカロニが殉職し、ショーケンを主役にしたドラマの企画の話が持ち上がりました。

 当時、まだ東京・麹町にあった日本テレビの喫茶店で、ショーケンとプロデューサーと私で話していて“ショーケンとコンビを組むのは誰がいいか”という話になりました。そのとき、ショーケンが『水谷くんでいこうよ』と、指名したんです」

『傷だらけの天使』をきっかけに水谷の知名度も上がっていったが、本心は複雑だったのではないかと、岡田さんは推察する。

「豊は立派に役をまっとうしていましたが、ショーケンや優作のサブ役で、『傷だらけの天使』でもまた二番手。彼の中ではいつか主役を演じたいという気持ちが強かったと思います。だからこそ、『熱中時代』(日本テレビ系)で教師という役に抜擢されたときは、ぼくもうれしかったです」

 この『熱中時代』との出会いは、傷だらけだった俳優・水谷豊を一気にスターダムに押し上げていく。

(第2回に続く)

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年12月9日号

今年11月に行われた松田さんの十三回忌法要には水谷も参列した

今年11月に行われた松田さんの十三回忌法要には水谷も参列した

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト