芸能

小松菜奈最新作は「キャリアの真骨頂」 俳優とモデルの”二刀流”が強みに

ファッションや映画でも活躍する

モデルとしても活躍する(写真/時事通信社)

 本作での小松は、振れ幅の大きな異なる顔を見せている。彼女が扮している佐薙は複雑な事情を抱える女子高生。視線恐怖症によって周囲の存在にひどく怯え、世の中を達観し、諦念を抱いている。それでいて、自分と同じ孤独な高坂には露悪的かつ攻撃的な態度を取る。つまり小松はこの一つの作品内で、佐薙の“儚く脆い一面”と、それとは対照的な“勝ち気で危険な一面”とを演じ分けているのだ。そしてここに、ラブストーリーのヒロインとしての表情も加わるため、一筋縄ではいかない佐薙というキャラクターの難しさが分かるだろう。小松の演じ手としての力量が問われるところだが、彼女はこれらすべてを的確に表現していると思う。

 監督の柿本といえば、映画監督としてのキャリアを築きながら、数々のテレビCMやミュージックビデオを手掛けてきた存在だ。本作は、より俳優の“芝居”にフォーカスしたシーンもあれば、“見せ方”にこだわったシーンも多い。周囲に対する恐怖心や、高坂に向けて愛情を表現する際には小松の俳優としての経験値が反映され、スタイリッシュな映像演出には、彼女がモデルとしても活躍する側面が活きている。

 白眉なのが、湖で水浸しになりながら、恋に落ちてしまった高坂に激しく感情をぶつけるシーンだ。寒々しい湖の中に女子高生がいる光景は、シチュエーションとして非現実的。しかしここに違和感なく小松が収まることができているのは、彼女が優れた被写体であることを証明していると思う。

 そして、ここでのエモーショナルな演技にも魅了される。感情の高ぶりが頂点に達した佐薙の演技に小松は全力だ。この手の演技はネガティブな意味での“熱演”に陥りやすく、ともすると観客を置き去りにしかねない。しかしそうならず、観客を物語の世界に引き込むことに成功しているのは、彼女が自身の演技に客観的な視点を持ち、コントロールしていることの表れだと思うのだ。

 出演する作品ごとにキャリアを更新してきた小松。初の単独主演を果たした映画『ムーンライト・シャドウ』での姿も素晴らしかった。しかし、俳優とモデルどちらの経験も大いに活かされ、より振り切れている佐薙役は、小松菜奈の真骨頂が見られるものだと断言したい。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン