ライフ

江原啓之氏 相続争いを防ぐポイントは「愛しているのは自分か子供か」

お墓について相談を受けることもあるという江原啓之さん

お墓について相談を受けることもあるという江原啓之さん

「死後の世界への旅仕度」を解説した最新著『あの世の歩き方』がベストセラーになっているスピリチュアリストの江原啓之氏。人が亡くなった時に生じる「相続」はしばしばトラブルの種となるが、これを未然に防ぐにはどうすればいいのか? 江原氏が『週刊ポスト』誌上で語った。【全3回の第3回】

 * * *
 この世じまいで、最もトラブルが起こりやすいのが「相続」です。

 なかでもよく見られるのが、親が「良かれ」と思って子供にお金や家、財産を遺してトラブルになるケースです。

「弟はえこひいきされていた」「結婚式の費用はお姉ちゃんのほうが多かった」など、親の「良かれ」は子供たちの争いのもとになります。

 そうした争いを防ぐためには、相続も事前にどうするのか決めて子供たちに伝えること。

 その際ポイントとなるのが、「自分を愛しているか」、「子供を愛しているか」です。

 もし、自分を愛しているのであれば、いっそのこと「お前たちには何も遺さないよ」と伝える。子供に遺すにしても、「自分が死んだらこういうふうに相続してもらいます。家は誰それに渡します。あとはあてにしてもムダだよ」とはっきり言うことが大事です。

 いくら子供とはいえ、自分の稼ぎではないお金をもらえば、あぶく銭をあてにすることを覚えるだけです。基本的にこの世の人に遺していいのは「思い出」だけなのです。

「エンディングノート」は必ず書く

 墓、葬式、相続などのトラブルを避けるために欠かせないのが、エンディングノートを書いておくことです。

「死んだ時のことを書くなんて縁起でもない」と拒否する方もいますが、エンディングノートは妻や子供など、残される人たちを愛していることの証明書です。だからなるべく残される人々が迷ったり困ったりしないよう、実現可能な内容を具体的に記しましょう。

 今この記事を読んだ瞬間からエンディングノートを書くべきなのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン