ライフ

【書評】「かつての日本」から「未来の日本」に変わった中国 

『ルポ デジタルチャイナ体験記』著・西谷格

『ルポ デジタルチャイナ体験記』著・西谷格

【書評】『ルポ デジタルチャイナ体験記』/西谷格・著/PHPビジネス新書/913円
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 コロナで足が遠のいているが、その少し前まで年に数回、何かと理由をつけて中国に足を運んでいた。面倒で説明もしなかったが、当時中国はまるで80年代バブル前夜のような気配に包まれていて、それを敏感に察知したぼくの学生の一人が中国に移り住んだのが、要はうらやましかったのだ。

 ぼくたちの時代に例えれば、まんがやアニメという、とるに足らない領域が文化の前線にどさくさに紛れて飛びだしていき、そこに20代という年齢が重なった時期だ。行き先は見えなかったが不安でもなく多分、どこかに辿りつくという確信だけはあった。

 そしてコロナで足が遠のいている間に教え子は、中国でトップ10に入るwebまんが作品の演出家になって寝る暇もない。ただ、かつての日本と違うのはその「どさくさ」で出来上がったのはバブル経済でも専政国家でさえなく、巨大なプラットフォーム国家だという点だ。

 アリババと習近平のいざこざは、要はどちらがどちらを呑み込むかで、一体となるというその結末は変わらない。「反共」を今更国是としたらしい日本がデジタル社会・新しい資本主義を目標に掲げたのは、つまりは中国式プラットフォーム国家となることだが、気がつけば、中国は「かつての日本」から「未来の日本」に変わっていた。

 コロナの二年の間に中国の若い子たちも変わった。思想弾圧でなく信用スコアが懐柔する柔らかいファシズムの生活への浸透による「愛国化」が劇的に進行した。ネトウヨのように狂信的でなく、しかし「日本スゴイ」を信じる人々のように「中国スゴイ」を信じる世代が台頭し、それが習近平を支える新世代の中間層のメンタリティとなっている。

 本書は柔らかなデジタルファシズムのインフラを中国がどう準備してきたか、その最先端と最末端の現場の「前夜」のルポで、「日本の若者のようなホシュ」の登場が、この後からちょうど始まるのだと接木して読むと生々しい。

※週刊ポスト2022年1月1・7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB