当たり前の幸せに気づかせてくれる、世界共通の「愛」の物語

 ベンとタングは、行く先々でさまざまな人々と出会い、少しずつ自分たちに欠けていたものを手に入れていく。ベンが驚いたり、笑ったり、怒ったりするのを見聞きすると、タングはその感情を人工知能で学習し、成長していくのだ。

本作のキーパーソン・カトウ(小林唯)は、ベンとタングをある場所に導く

本作のキーパーソン・カトウ(小林唯)は、ベンとタングをある場所に導く

 物語のテーマの1つは「愛」。

「描きたかったのは、ごく当たり前の日常に隠されたささやかな幸せや、小さな心の痛みなど、誰もが共感できる等身大の感情です。タングは、見た目はかわいらしいですが、“ブラックボックス”としての側面も持っています。

 単なる“かわいいロボットのキャラクター”ではなく、あくまでも、なんらかの無限の可能性を秘めた存在として、謎を残しているのです。ベンと出会って旅をすることで、タングの“心”がどんなふうに成長していくのかも、この物語の大切なメッセージの1つ。だからこそ、ベンを始めとする人の心の動きの一つひとつが、丁寧に描かれています」(長田さん)

ヒューストンで出合うリジー博士(写真左、相原萌)は、ロボットを愛する心優しい人物。“人見知り”するタングのかわいさにキュン

ヒューストンで出合うリジー博士(写真左、相原萌)は、ロボットを愛する心優しい人物。“人見知り”するタングのかわいさにキュン

 観る人すべてが共感できる本作は、随所で笑いと拍手を巻き起こしつつも、涙を誘う場面も非常に多い。圧倒的なクオリティーの歌やダンスに心を震わされるのはもちろんのこと、緻密に描かれたさまざまな「愛」が、何度も強く胸を打つ。ハンカチ1枚では足りないかもしれないので、観劇の際にはご注意を。

 幕が下りたとき、きっとあなたも、大切な誰かを抱きしめたくなるだろう。ベンとタングが最後にどんな“答え”を見つけるのか、ぜひ劇場で見守ってほしい。

タングの壊れたパーツを直すため、世界中をめぐる旅に出発!

タングの壊れたパーツを直すため、世界中をめぐる旅に出発!

劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』
東京公演 会場:自由劇場 公演期間:2022年1月23日(日)まで上演中
京都公演 会場:京都劇場 公演期間:2022年2月23日(水・祝)~4月16日(土)まで上演
全国公演 2022年5月14日(土)開幕

※出演俳優は2021年12月22日のもの。上演日によって、出演俳優は異なります。

カリフォルニアでは、陽気で変わり者の研究者・コーリー(写真中央、カイサー・タティク)がアンドロイドたちとお出迎え。“人間離れ”したダンスは圧巻

カリフォルニアでは、陽気で変わり者の研究者・コーリー(写真中央、カイサー・タティク)がアンドロイドたちとお出迎え。“人間離れ”したダンスは圧巻

撮影/田中智久 取材・文/陣内桂香

劇団四季代表取締役の吉田知誉樹さん(写真左)と、本作の演出を手がけた小山ゆうなさん(写真中央)、台本・作詞を手がけた長田育恵さん(写真右)

劇団四季代表取締役の吉田知誉樹さん(写真左)と、本作の演出を手がけた小山ゆうなさん(写真中央)、台本・作詞を手がけた長田育恵さん(写真右)

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン