芸能

元鉄工所勤務グラドルがサガミPR大使に!「将来の彼氏にも使ってほしい」

ちとせよしの

『サガミオリジナル002』の宣伝大使に抜擢された、ちとせよしの

 国内コンドーム売り上げNo.1、“ゴムじゃないコンドーム”『サガミオリジナル002』の宣伝大使にグラビアアイドルの“ちとせよしの”(21才)が歴代最年少で就任した。2009年にスタートした宣伝大使には、人気グラビアアイドルが起用され、グラビア界の登竜門としても注目を集めている。

 今回起用された“ちとせよしの”は2018年に佐賀県の鉄工所に就職し、職人たちのマドンナ的存在となっていた。その後、働きながら応募したミスコンで特別賞を受賞したのを機に、2019年、本格的にグラビアアイドルに転身。豊満ボディー(身長158cm・B95・W65・H98)を活かして、グラビア誌に登場したり、数多くのDVDを発売している。現在、大食い番組に出演し、大食いグラビアアイドルとしても、注目されている。

 宣伝大使の初仕事として、12月9日には「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」に訪問して、『サガミオリジナル002』の売れ行き状況などを“調査”した。

 そんな“ちとせ”に、今回、いまだコロナ禍ということもあり、リモートでインタビューを行った。

――今回、サガミオリジナルの13代目宣伝大使に選ばれた感想からお聞かせください。

ちとせ:今まで名だたるグラビアアイドルの先輩方がやられてきた宣伝大使をまさか自分がやらせていただけるということで本当に光栄に思います。

――グラビアアイドルの登竜門として注目されていますね。これからちとせさんの知名度もアップすると思います。

ちとせ:グラビアアイドルを好きな方々も見てくださると思うので、もっと知ってもらえたらうれしいです。まだコンドームに対して、恥ずかしさを持っている方が多いと思うので、大使としてそういった部分を改善していきたいと思っています。

――今回の製品の特徴を教えてください。

ちとせ:コンドームひとつひとつがブリスターパックという個別包装になってるんですが、これは業界でサガミオリジナルだけなんです。ブリスターパックだと、爪で製品を傷つける心配がないですし、すごく清潔です! なので、「もうこれ以外ないでしょ!」っていうくらいマストアイテムです! 

素材に使われているポリウレタンは医療の現場でも使うもので、人肌に合った素材なので、安心して使っていただけます。臭いもまったくしません。本当にゴム臭がしないんですよ。実際に嗅いでもらいたい(笑)。ゴムアレルギーの方にも安心していただけますから。

――よく勉強されましたね。

ちとせ:今回、大使に就任したということでかなり勉強しました。将来の彼氏にもなぜコンドームを使うのかをちゃんと正しい知識を知ってもらって、使ってほしいですね。

――それにしてもサガミさんの技術はすごいです!

ちとせ:海外の方が日本にいらっしゃったときはお土産で買っていかれるらしいですよ!

――それはすごい! 東京オリンピックのときも買って行かれたんですかね?

ちとせ:いらっしゃったんですかね?(笑)。どんどん海外で広めてもらいたいです。

――クリスマスも近いですけど、彼女を探している方にアドバイスを。

ちとせ:彼女が欲しいという気持ちより、恋に落ちてほしい(笑)。好きな人が出来たときにかっこよく生きていれば素敵な女性が現れると思うので、自分磨きをがんばってもらいたいと思います。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト