国際情報

中国で流行語トップ10発表 多くが入試戦争や競争社会批判の言葉

流行語トップ10は中国の文学雑誌「咬文嚼字」編集部が発表

流行語トップ10は中国の文学雑誌「咬文嚼字」編集部が発表

 中国では12月、毎年恒例の「今年(2021年)の流行語トップ10」が発表されたが、このなかで、10の流行語のうち4つが中国の入試地獄に代表される競争社会や中国共産党による強権的な統治を批判する言葉だった。習近平国家主席は今年が「百年間なかった大変動」だとしながらも、中国共産党政権が奮闘して、中国共産党創設100周年を乗り切り、豊かな社会を建設したと自画自賛しており、それらの言葉が流行語の上位を占めたものの、それ以外では、実質的に習氏の言葉を否定する内容の流行語が並んでいる。

 流行語トップ10は中国の文学雑誌「咬文嚼字」編集部が発表しているものだが、「咬文嚼字」とは中国の成語で「文章の文字面にばかりこだわり、文章を読むときに字句ばかり詮索し,その真の意味を理解しない」という意味だ。

 今年の流行語の1位は「百年未有之大変局(百年間なかった大変動)」、2位は「小康(ややゆとりのある生活)」、3位は「赶考(力試し)」といずれも習近平氏が重要演説のなか使った言葉で、あくまでも一党独裁体制の国らしい特徴が出ているといえよう。

 これ以外では、8位に「鶏娃(親が子供に詰め込み教育すること)」、9位に「■平(■は身偏に尚。寝そべり現象)」が入っており、いずれも激しい入試戦争や競争社会を批判する言葉となっている。

 4位になった習氏の演説に使われた「双減(ダブル負担軽減)」の二つとは「義務教育段階にある学生の宿題」と「学習塾での受験勉強」を軽減させること意味し、厳しい受験戦争を批判する言葉となっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン