スポーツ

稲垣啓太、モデル新井貴子と結婚 デート中に見せた「満面の笑み」

同棲しているという

結婚を発表したラグビー稲垣啓太とモデルの新井貴子

 ラグビー日本代表プロップ稲垣啓太(31才、埼玉パナソニックワイルドナイツ所属)が、モデルの新井貴子(31才)との結婚を発表した。

 稲垣は1月26日、〈これからは夫婦共々応援していただけると最高に嬉しいぜ。夫となった稲垣は妻を守りながらも闘いに行きますので、今シーズン更に気合い入れた応援を皆宜しくお願い致します〉とツイートし、新井とのツーショット写真を公開した。“笑わない男”が珍しく笑顔をのぞかせているように見えるが、あくまで〈写真は顔をこねくり回されているだけです〉とのことだ。

 お相手の新井は、2012年のミス日本コンテストでグランプリを獲得し、海外を中心に活躍するモデルだ。身長177センチのスラリとした抜群のスタイルの持ち主で、パリコレにも出演している。

 稲垣は2019年11月に元AKB48でタレントの倉持明日香(32)との熱愛が報じられ、結婚間近と見られていた。しかし、2020年6月に発売された『週刊ポスト』は、稲垣と新井の熱愛をいち早くキャッチしていた。当時、稲垣を知る芸能関係者は「すでに倉持とは別れ、いまは新井と交際しているそうです。もう一緒に暮らしているようですよ」とも証言していた。

 並んで歩くふたりは精肉店に立ち寄り、大量の豚バラ肉と鶏肉を購入すると、稲垣の自宅マンションに一緒に入っていた。マスク越しでも稲垣が満面の笑みを浮かべていることがわかり、リラックスした雰囲気だった。

 元カノ・倉持の父親といえば、抑え投手としてロッテなどで活躍し、「炎のストッパー」と呼ばれた倉持明氏(69才)だ。ゴールインした新井も、実はプロ野球選手の娘だ。

「新井さんの父親は、現役時代は南海ホークスや近鉄バファローズなどでプレーし、1992年に通算2000本安打を達成した野球解説者・新井宏昌氏(69才)です。稲垣さんはラグビーを始める前、中学生のころは野球部に所属し、今でも野球好きとして知られています。義父との野球談義が盛り上がりそうですね」(スポーツジャーナリスト)

『週刊ポスト』は、2人が、新井の姉である画家・新井寿枝さん(35才)も交えて談笑する姿も捉えており、すでに家族公認の仲だったようだ。

「稲垣さんはSNSなどで披露する私服のオシャレさも有名で、“オシャレ番長”としても知られています。モデルの新井さんとはファッションも共通の話題。バラエティ番組も含めメディア出演も多い稲垣さんですが、2023年W杯フランス大会に向けて闘志を燃やしているのを感じます。東京五輪中にニュース番組でキャスターを務めたことにより、ご自身の分析力、そしてそれを言語化する能力により一層磨きがかかったようです。今後、さらなる活躍が期待できそうです」(前出・スポーツジャーナリスト)

 私生活で結婚という大きな転機を迎えて、いざ来年のW杯へ。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト