スポーツ

開会式の旗手を丁重に断る 羽生結弦「五輪で勝ちたい」という強い思い

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

 2月4日の北京五輪開幕を前に、現地ではオミクロン株の感染急増による緊張感が増している。選手や関係者を隔離して外部と接触させない「バブル方式」が採用されたのはもちろん、鉄道の駅では関係者と一般客が交わらないよう警備員が監視。空港とホテル、競技会場の間は約240kmに及ぶ専用道路でつながれ、一般車両が走行した場合には罰金が科される徹底ぶりだ。

 厳戒態勢を取っているのは中国だけではない。1月20日、日本オリンピック委員会が北京五輪に派遣する選手団リストを発表。フィギュアスケートでは選手10名に対し、コーチやトレーナーなど13名が同行(1月25日現在)し、宇野昌磨(24才)を指導するステファン・ランビエールコーチや、鍵山優真(18才)の指導を行う父親の鍵山正和コーチらの名前が並んでいるが、羽生結弦(27才)が所属するカナダの「クリケットクラブ」のブライアン・オーサーコーチやジスラン・ブリアンコーチの名前は記載されていない。

「選手団をサポートするスタッフの人数も最小限にするよう要請されており、日本もソチ五輪や平昌五輪と比べて少ないスタッフ体制をとっています。人数が限られているからこそ、他国の選手を多く請け負っている羽生選手のコーチらは、あえて日本選手団のコーチとしてはエントリーしていないのかもしれません」(フィギュアスケート関係者)

 もう1つ、羽生のコーチ陣の名前がない理由に「ボイコット説」も濃厚に囁かれている。昨年12月、アメリカは中国政府の新疆ウイグル自治区などでの人権を無視した弾圧を批判。北京五輪に政府関係者を派遣しない「外交的ボイコット」を行うと発表した。これに対し、イギリスやオーストラリアなどが賛同し、同様の措置をとっている。

「クリケットクラブのあるカナダも『外交的ボイコット』を宣言しています。いまのところボイコットは政府関係者のみの話ですが、人権問題が絡むセンシティブなテーマゆえ、選手以外のスタッフの中に北京五輪に対し疑問を覚える“ボイコット・コーチ”がいてもおかしくありません」(別のフィギュアスケート関係者)

 ファンは“コーチ不在”に不安を覚えているようだが、羽生のなかではかなり前から「ひとりで挑む五輪」が描かれていたのかもしれない。

 今季、羽生は右足関節の靱帯損傷のけがのためグランプリシリーズを欠場。北京五輪出場がかかった昨年12月の全日本選手権で初戦を迎えたが、この大事な大会にもオーサーコーチの姿はなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン