国内

過激だった石原慎太郎さんの発言「テポドンが日本に落ちればいい」の真意は

石原慎太郎さんの過去のインタビューなどを振り返る

石原慎太郎さんの過去のインタビューなどを振り返る

 作家としてはもちろんだが、これほどまでに「自分の言葉」を持っていた政治家はいまい。数々の過激発言で物議を醸した石原慎太郎氏が2月1日に亡くなった(享年89)。石原氏の言動には、批判はあれど誰も無視することができない力強さがあった。本誌・週刊ポストにだけ語っていた「金言」「暴論」を振り返る。

 * * *
 1968年の参院選で自民党から出馬し、史上最多(当時)の300万票を得て初当選した石原氏は、政治家として歯に衣着せぬ言動で注目を集めた。1971年に38歳で本誌に初登場した際も、弁舌が冴えわたった。

「派閥次元で中国問題を考えているんですからね。それが党内の溝をふかめ、政局は混乱する。それぞれ本当に熱心に国をまもるために論争しているかというと、そうじゃない。みんな、次元の低い政治的な利益をとげるために物をいっている」(週刊ポスト1971年9月24日号掲載)

 中国とどう対峙するかをめぐる自民党内の議論に嫌気が差し、自らの政治理念を実現するために衆議院議員への転身を表明した際の発言である。

 現在にも通じる中国問題について、石原氏は50年以上前から警鐘を鳴らしていた。その根底にあったのが、“日本を憂う気持ち”だ。

 国の将来に危機感を持たず、有権者に対する責任感を欠き、保身と私利私欲に走る政治家を石原氏は蛇蝎のごとく嫌った。

 東京都知事時代のインタビュー(週刊ポスト2000年12月29日号掲載)では、当時の政治家がディーゼル車の排ガス規制を遅々として進めない理由について、こう語った。

「結局、意識の問題、使命感の問題です。もっと平たくいえば、政治家が“俺は本当は偉いんだ“とうぬぼれてかかったらいいんだ」

 国民から信託された政治家は各省庁の意見の食い違いや業界団体の圧力を乗り越え、使命感を持って堂々と政策を遂行すべきとの見解である。

 近年も批判される「決められない政治」の急所を突いた石原氏は、2000年に国に先がけてディーゼル車の排ガス規制に取り組んだ。

「政治家は恫喝されたら恫喝で返すくらいじゃないとダメだね。役人だって恫喝すれば動くんですよ」

 盟友・亀井静香との対談(週刊ポスト2017年2月17日号掲載)では、そう豪語したこともある。

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン