国内

悠仁さま、筑附高へ進学“成績が開示されない”ことが学校選びの理由か

カメラもお好きな秋篠宮さまから指導を受けられたことも(写真/宮内庁提供)

筑附高の校風は「自主・自律・自由」、成績は学内で開示されないという(写真は秋篠宮さまからカメラの指導を受けられた際/宮内庁提供)

 秋篠宮家の長男・悠仁さまが、4月から筑波大附属高校(筑附高)に進学されると、2月16日に宮内庁が発表した。

 筑附高の偏差値は70をゆうに超え、国内屈指の進学校である開成高校や、慶應や早稲田など有名私立大学の附属校と併願する生徒も多い。東大合格者も毎年30人前後を数え、学力水準は極めて高い。

 創立130年を超える歴史ある学校で、明治に創設された東京高等師範学校の流れをくむ。卒業生には、鳩山一郎元首相や狂言師の野村萬斎、小説家の永井荷風、SF作家の星新一といった顔ぶれが並ぶ。鏘鏘たるOB・OGの中には皇室と縁のある人物もいる。

「上皇后美智子さまの父・正田英三郎氏と、弟の修氏の出身校でもあるのです」(皇室記者)

 英三郎氏は日清製粉グループの創業者・正田貞一郎氏の三男として生まれ、後に同グループの社長や会長を歴任した実業家である。修氏もまた同グループの社長と会長を23年にわたって務め、現在は名誉会長相談役を担うとともに、食品産業センターの会長職にも就いている。

「紀子さまが悠仁さまの筑附高進学に血道を上げられているのは、“お手本”にされている美智子さまと筑附高に、深い関係があるのも理由の1つかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 校風は「自主・自律・自由」を標榜している。

「のびのびとした雰囲気で制服はなく、部活動はもちろん、趣味や課外活動に熱心に取り組む生徒も多くいます。文化祭やスポーツ大会などの行事は大いに盛り上がります。真面目な生徒は多いですが、勉強一辺倒ということはありません」(筑附高卒業生)

 学業面で言えば、特徴的なポイントがある。

「東大合格者を多数出すような私立の進学校では、さまざまな方法で成績が学内で開示されます。たとえば開成高校では、定期試験の順位が校内に張り出される。学校側は生徒に発破をかけ、それを見て、生徒たちは一喜一憂して勉強へのモチベーションにします。また、成績によるクラス分けを行う学校も多く存在します」(学習塾関係者)

 しかし筑附高では、そういった“同級生との成績の優劣”が開示されることはない。

「悠仁さまが筑附高を志望された理由には、こういった点も挙げられるかもしれません。将来の天皇の成績がつまびらかにされ、一般人と順位づけをされるというのは大変好ましくない。悠仁さまの成績は隠されなければならないのです」(宮内庁関係者)

※女性セブン2022年3月3日号

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン