国内

悠仁さま、筑附高へ進学“成績が開示されない”ことが学校選びの理由か

カメラもお好きな秋篠宮さまから指導を受けられたことも(写真/宮内庁提供)

筑附高の校風は「自主・自律・自由」、成績は学内で開示されないという(写真は秋篠宮さまからカメラの指導を受けられた際/宮内庁提供)

 秋篠宮家の長男・悠仁さまが、4月から筑波大附属高校(筑附高)に進学されると、2月16日に宮内庁が発表した。

 筑附高の偏差値は70をゆうに超え、国内屈指の進学校である開成高校や、慶應や早稲田など有名私立大学の附属校と併願する生徒も多い。東大合格者も毎年30人前後を数え、学力水準は極めて高い。

 創立130年を超える歴史ある学校で、明治に創設された東京高等師範学校の流れをくむ。卒業生には、鳩山一郎元首相や狂言師の野村萬斎、小説家の永井荷風、SF作家の星新一といった顔ぶれが並ぶ。鏘鏘たるOB・OGの中には皇室と縁のある人物もいる。

「上皇后美智子さまの父・正田英三郎氏と、弟の修氏の出身校でもあるのです」(皇室記者)

 英三郎氏は日清製粉グループの創業者・正田貞一郎氏の三男として生まれ、後に同グループの社長や会長を歴任した実業家である。修氏もまた同グループの社長と会長を23年にわたって務め、現在は名誉会長相談役を担うとともに、食品産業センターの会長職にも就いている。

「紀子さまが悠仁さまの筑附高進学に血道を上げられているのは、“お手本”にされている美智子さまと筑附高に、深い関係があるのも理由の1つかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 校風は「自主・自律・自由」を標榜している。

「のびのびとした雰囲気で制服はなく、部活動はもちろん、趣味や課外活動に熱心に取り組む生徒も多くいます。文化祭やスポーツ大会などの行事は大いに盛り上がります。真面目な生徒は多いですが、勉強一辺倒ということはありません」(筑附高卒業生)

 学業面で言えば、特徴的なポイントがある。

「東大合格者を多数出すような私立の進学校では、さまざまな方法で成績が学内で開示されます。たとえば開成高校では、定期試験の順位が校内に張り出される。学校側は生徒に発破をかけ、それを見て、生徒たちは一喜一憂して勉強へのモチベーションにします。また、成績によるクラス分けを行う学校も多く存在します」(学習塾関係者)

 しかし筑附高では、そういった“同級生との成績の優劣”が開示されることはない。

「悠仁さまが筑附高を志望された理由には、こういった点も挙げられるかもしれません。将来の天皇の成績がつまびらかにされ、一般人と順位づけをされるというのは大変好ましくない。悠仁さまの成績は隠されなければならないのです」(宮内庁関係者)

※女性セブン2022年3月3日号

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト