芸能

今田耕司と東野幸治 Wコウジは「ダウンタウン離れ」から飛躍した

Wコウジは

Wコウジは代役をなんなくこなした

 ようやく落ち着きを取り戻しつつあるものの、新型コロナの感染拡大により、一時のテレビ界は代役ラッシュとなった。なかでも存在感を示したのが、今田耕司、東野幸治の吉本が誇る2大MCだ。

 今田は博多華丸・大吉の代わりに『あさイチ』(NHK)、千鳥の代わりに『クイズ!THE違和感SP』(TBS系)で立て続けにゲストMCを務め、「さすがの安定感」と視聴者を唸らせた。それは復帰した博多大吉をして「代打が豪華すぎて本当に嫌でしたよ。今田さんはなしです」と言わしめるほどだった。

 一方の東野は、『ラヴィット!』(TBS系)で藤井隆とともに麒麟・川島明の代役を務め、「ネットニュースになるっていう噂は知ってるんです。(MCが)アイツはうまい、アイツはうまくないとか、恐ろしい、怖い」とネタにする余裕を見せた。川島が休んだ期間の『ラヴィット!』は日によって収拾がつかなくなることもあったが、東野は見事にまとめあげ、「女子SPA!」が行なった「よかった代打MCランキング」でも見事1位に輝いた。

 代役が相次ぎテレビ界が慌てふためくなか、2人の安定感は突出していたと、ベテラン芸能ライターは言う。

「中堅芸人の場合、ここでMCとしての実力を見せてステップアップしようと意気込んで空回りしているケースもありましたが、今田さんと東野さんは場数を踏んでいるだけに落ち着きぶりが違う。後輩芸人の番組の雰囲気を壊さないようにしながら、彼らがそこに入る違和感をあえて見せるバランスのよさもあった。千鳥の代役の今田さんがのっけから“さあ今週も始まりました。『クイズ!THE違和感』司会の今田耕司です”と言い出す掴み方など、見事と言うほかありません。

 東野さんの場合は自らもコロナに感染して、番組を休みました。『ワイドナショー』(フジテレビ系)では2月27日に復帰しましたが、メインコメンテーターの松本(人志)さんに加え、ふだんは進行を務めるフジのアナウンサーも不在のなか、全キャストに目を配る八面六臂の回しを見せ、改めてその実力を知らしめました」

 若手中堅芸人たちが浮き沈みを繰り返すテレビ界において、確固たる地位を築いた2人。コンビではないが若手時代は「Wコウジ」として売り出され、伝説的コント番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)に揃って出演し名を上げた。ダウンタウン派の筆頭格だった2人だが、実はその後、ともにダウンタウンと意識的に距離を置く時期があった。

「1997年に『ごっつええ感じ』が終わった後、徐々に2人はダウンタウンとの共演する機会を減らしていきました。東野さんは昨年3月に放送された『マルコポロリ!』(カンテレ系)のなかで、当時の自分にとってあまりにもダウンタウンが大きすぎる存在だったため、『ボクの生きてる世界では、ダウンタウンさんは存在してない、ってことにした』と言い、事務所を通じたオファーはすべて断わっていたことを明かしました。今田さんは『緊張するから』などと濁していますが、本音は同じだったのではないでしょうか」(同前)

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン