国内

コロナ出口戦略 早めに買っておきたい冷蔵庫、洗濯機、食器洗い機など

 
(写真/共同通信社)

いまの時期を逃すと白物家電は値上がりする可能性がある(写真/共同通信社)

 コロナ禍が始まって2年以上、長かったマスク生活に終わりが見えてきた。となれば、コロナ禍でやっていた「ニューノーマル」な生活も見直した方がよさそうだ──。

 新型コロナウイルス第6波の新規感染者は2月上旬にピークアウトしたとみられる。沖縄や山口など5県で「まん延防止等重点措置」が解除され、残り31都道府県も早期の解除をうかがう。岸田文雄首相は2月17日、「第6波の出口に向かって徐々に歩み始める。次のフェーズへと準備を進めていく」と明言。この先は、自粛などで経済的な損失が続く状況から、損失・被害を最小限に抑えるよう転換する「出口戦略」が進められる。

 出口戦略が求められるのは、家計においても同様だ。コロナ後を見据えて、やめるべきこと、やっておきたいこととは何だろうか。

ネットショッピングで気づいたら買いすぎ

「オンライン爆買い」には気をつけたい。ファイナンシャルプランナーの横川由理さんはこう話す。

「クリックひとつのネット決済で購入できるオンラインショップはお金を使った感がなく、つい爆買いをしてしまいがちです。特に『〇〇円以上で送料無料』という宣伝文句につられて必要以上のものを買ったり、『返品可能』という項目を見て気楽に買いすぎてしまうケースが目立ちます。気づいたらクレジットカードで支払い能力以上に買ってしまっていた、ということにもなりかねません」

 女性の場合、オンラインショップで注意したいのがファッション関連だ。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが説明する。

「オンラインでファッションを揃える女性は多いですが、やはり洋服や靴は実際に手に取って試着してから買う方が断然無駄が減ります。

 また昨今は原材料が高騰していて、これまでと同じ値段の商品でも、素材が安いものになっていることがある。店舗で触ってみたら気づくことでも、ネットショッピングでは素材の変化までは気づけませんよね」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン