国内

蓮舫議員の長男が元自民・糸山英太郎氏と養子縁組 数千億円の資産相続も

蓮舫

息子がまさかの自民党入りした蓮舫氏(写真/時事通信社)

 2月25日の参院予算委員会。いまだ出口の見えぬ新型コロナ対策に対し、質問に立った立憲民主党の蓮舫参議院議員(54才)は舌鋒鋭く迫った。

「いましか見えないんだったら、その先どうするんですか。総理ね、聞く力ではなく、聞き流す力じゃないですか! 野党から提案があったら受け止めていただきたい」

 口角泡を飛ばして、岸田文雄首相や堀内詔子ワクチン接種推進担当大臣をたじろがせる。トレードマークの純白のジャケットは、アメリカの女性参政権運動のシンボルで、ここぞというときに彼女が身にまとう勝負服だ。

 これまで何度となく永田町の男社会に切り込んで喝采を浴び、その反動でアンチも多い蓮舫氏。近年は主要ポストから外され、党内での存在感も鳴りを潜めていたが、この日は久々に蓮舫節が炸裂した。だが、その胸中は決して穏やかではなかったはずだ。永田町関係者が明かす。

「実は蓮舫さんの長男が、彼女の“宿敵”である自民党に入党届を出したのです。まだごく一部の関係者しか知らない話ですが、野党第一党の大物議員の子息が、自民党に入ること自体が異例中の異例。いったい何が起きているのかと、関係者が騒然となっています」

 徹底的に与党を追及してきた蓮舫氏が、身内の思わぬ“造反”に遭い、家族崩壊の危機を迎えている──。

愛情をたっぷり注がれて育った息子が選んだ道は……

 まずは彼女の波乱に満ちた人生を振り返ろう。1967年、蓮舫氏は台湾人で貿易業を営む父・謝哲信氏と、日本人で資生堂の広報を務めた母・桂子さんの間に生まれた。幼い頃から納得のいかないことに目を背けられず、正義感の強かった少女はすくすくと育ち、青山学院大学在学中の1988年にクラリオンガールに選ばれ、グラビアアイドルとして活躍した。

「アシスタントを務めた日本テレビ『スーパージョッキー』では水着姿で熱湯風呂に入った伝説も。次第にバラエティーから報道に主軸を移し、TBSやテレビ朝日の報道番組でキャスターを務めるようになりました」(民放関係者)

 人生が大きく変わったのは2004年のこと。当時の民主党から参院選に出馬し、東京都選挙区で当選すると、ショートヘアにスーツの襟を立てたスタイルで脚光を浴び、数少ない女性議員として存在感を増していく。2009年に民主党政権が誕生すると、事業仕分けワーキンググループの仕分け人となり、居並ぶ官僚を相手に「2位じゃダメなんですか!」とたんかを切って注目を集めた。

 プライベートでは1993年にジャーナリストの村田信之氏と結婚。1997年に双子を出産し、2010年にはベストマザー賞を受賞した。過去のインタビューでは子供へのあふれる愛をこう語っている。《子どもは私のすべて。絶対に失いたくない》(『文藝春秋SPECIAL』2012年3月号)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン