美スタイルの蓮舫氏

美スタイルの蓮舫氏

 蓮舫氏は昨年3月20日に行われた同大学の学位記授与式にも来賓として招かれており、糸山氏との深いつながりが垣間見える。琳が糸山氏と急転直下の養子縁組をしたのは、大学に入学してからひと月後だった。

「糸山先生の政治信条は保守本流。琳さんの母親の政党とは真逆だけど、むしろそれがいいんだと周囲に話していました。本人の考えさえしっかりしていれば、たとえ共産党の志位(和夫)委員長の息子でも、立憲民主党の枝野(幸男)さんの息子でも構わないというんです。数千億円の資産を持っていても、あの世にお金は持っていけません。ならば、志の高い若者に生きたお金を使ってほしいというのが糸山先生の考えです。

 養子縁組をしたのは、法定相続人である方が相続がスムーズに行くためだと聞いています。それほど糸山先生は琳さんの将来に期待しているのでしょうね」(糸山氏の知人)

 糸山氏には、10年以上前に離婚した元妻との間に長男がいる。一時は後継者として期待し、育ててきたが、2013年に会社の経営をめぐるトラブルが裁判にまで発展し、長男は子会社の社長を辞任した。

「その長男とはいまも絶縁状態とされます。糸山さんは長男を将来の後継者として育てて
きたのに、トラブルでご破算になった。元の奥さんも息子がかわいいあまり長男の味方をしたことで、夫婦は破局を迎えました。跡継ぎを失うことになった糸山さんですが、『息子に遺産が渡るくらいなら、赤の他人にあげた方がマシだ』とまで周囲に語っていました」(糸山家の関係者)

 実際に養子縁組をした場合、相続はどうなるのか。真和総合法律事務所の松下真由美弁護士が解説する。

「養子縁組制度には『普通養子縁組』と『特別養子縁組』の2つがあり、前者の場合は実親と親子関係を維持したまま、新たに養親と法律上の親子になることができます。原則として満15才に達していれば親権者などの法定代理人の同意がなくても自由意思で養子縁組を行うことができ、相続に関しては実子と同じ扱いを受けることになります」

 琳が糸山氏の莫大な財産を相続することは充分にありえるのだ。数千億円規模の相続が将来に想定される養子縁組を、蓮舫氏が同意しているかどうかは糸山氏の周囲もわからないというが、前出の自民党関係者はこう語る。

「もともと糸山氏のお世話になることは蓮舫さんからお願いしたこと。2人の長年の関係性を考えれば、養子縁組を蓮舫さんが把握していないことは考えにくい」

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン