芸能

篠原涼子に漂う“現役感”に共演者、スタッフからため息 離婚騒動でも好感度上昇 

市村正親と離婚した篠原涼子

篠原涼子の勢いが止まらない

 離婚騒動から半年たった女優・篠原涼子(48才)の勢いが止まらない。ドラマ、映画と出演が続き、バラエティからも引っ張りだこだ。その理由について放送作家でコラムニストの山田美保子さんが解説する。

 * * *
 2月14日から配信がスタートしたNetflixの主演ドラマ『金魚妻』と、3月12日に公開された主演映画『ウェディング・ハイ』の番宣で、篠原涼子がトーク番組やバラエティ番組、情報番組などに出まくっている。

『金魚妻』は、タワマンを舞台に6人の女性が禁断の不倫愛に足を踏み入れていくストーリー。離婚ホヤホヤの篠原や長谷川京子が大胆な“艶技”に挑戦していることは、おおいに話題を呼んでいる。

 篠原は、監督が女性(フジテレビの並木道子氏ら)なので「女性でも安心して観られる」とPRしている。“sino R fine“名義で同作の主題歌『Crazy for you』も担当し、サビの歌詞の一部は自分のアイディアだとも明かしている。

共演者やスタッフからは「キレイ」「瑞々しい」の声

 果たして、トーク番組でもバラエティ番組でも情報番組でも、時間帯に関係なく画面から伝わってくるのは、48歳とは思えない篠原の若々しさと美しさ、そして“現役感”である。

 共演したタレントや制作を担当したスタッフらに話を聴くと、生で見る篠原には、画面越しよりもさらに生々しい現役感に溢れているそうだ。

 そういえば、『A Studio+』(TBS系)に出演した際は、オープニングで篠原の楽屋を訪ねたKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が、ひととおり挨拶を終え、扉を閉めた直後、溜息交じりに「キレイ」と呟いていた。いつもなら本編に出す取材結果をゲストに匂わせ、慌てさせるだけなのに、「初めまして」だった篠原の美しさと艶やかさに藤ヶ谷のほうが慌ててしまったというワケだ。

 他番組のスタッフからも、「肌の瑞々しさがハンパなかった」「ナマ脚で驚いた」「ボトムスが超ミニ丈で目のやり場に困った」などなど、戸惑いの声を聞いたものである。

 篠原を「神様がくれた宝物」と表現していた市村正親との15年間の結婚生活は、昨年7月、まさかのピリオドが打たれ、マスコミを驚かせた。数年前、立て続けに市村、篠原と共演し、夫婦や子供たちのほのぼのとした話をたっぷり聞かせてもらった筆者も、おおいに驚いたくちだ。

 コロナ禍になり、二人には度々別居報道があったものの、それは互いの仕事の現場に迷惑をかけないようにと話し合い、夫婦揃って“自主隔離”していると聞いていてもいたからだ。

 果たして昨年7月。二人の息子さんの親権を市村が持ち、同年10月には、市村が主演するミュージカル『オリバー!』のキャストに長男が加入。市村は目を細めながら喜んでいたものである。

 一方、篠原には年下の男性アーティストや人気俳優との密会報道などがあったことから、離婚によるダメージは避けられないとみられていたのである。

 ところが、『女性セブン』の既報どおり、市村の誕生日パーティーに篠原が軽装で参加したり、いまも市村のことを話す際、「夫」と言ったりする“不思議な間柄”が度々マスコミで取り沙汰されている。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト