国際情報

尹錫悦・新大統領は米韓関係を重要視 米国を利用し日本に譲歩迫る可能性も

次期韓国大統領・尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏は日韓関係をどう構築するか(写真/AFP=時事)

次期韓国大統領・尹錫悦氏は日韓関係をどう構築するか(写真/AFP=時事)

 3月9日の韓国大統領選で、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が当選を果たした。“親日派”と言われる尹氏は5月10日の就任を前にさっそく岸田文雄首相と電話会談に臨むなど、冷えきった日韓関係にようやく陽が差すと期待されている。

 しかし、これまで何度、韓国大統領の「反日転向」が繰り返されてきたか。不穏な空気は次期大統領・尹氏も纏っている。

 韓国の内政を見ると、尹氏が反日政策に転ずる可能性は高いという。コリア・レポート編集長の辺真一氏が語る。

「韓国の国会は革新系の『共に民主党』が議席の3分の2近くを占めています。尹氏は少数与党体制で政策を履行するため、ケースバイケースで野党に譲歩した政権運営を行なう必要があります。その際、野党からは反日的な政策を突きつけられる可能性が高い。尹氏はそれを呑まざるを得なくなるでしょう」(辺氏)

 現在、韓国内では不動産価格の高騰や新型コロナ対策などの課題が山積している。野党が尹氏を厳しく追及し、要求を突きつける場面も出てきそうだ。

 歴代の韓国大統領候補のなかでも親日と言われている尹氏だが、「そもそも親日かどうか疑義がある」と在韓ジャーナリストは語る。

「未来志向の日韓関係を掲げる尹氏ですが、昨年の9月には慰安婦問題について『日本から必ず謝罪を引き出す』などと発言をしていました。彼はそもそも外交的な理念も政治的な信念も持ち合わせていない。大統領選での主張はスローガンばかりで具体性がなく、現実的にどのような日韓関係を目指すか、まるでビジョンが見えません」

 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授の李鐘元氏も新大統領の人物像についてこう語る。

「尹氏は検察の特捜畑を歩んだ人物で、政治家としての経験がありません。大統領選の公開討論会では裁判や法律以外のことは一般論でしか語れず、原稿がないと単純な話に終始しました。実際、アメリカのタイム誌が申し込んだインタビューを尹氏は断わったと伝えられています。

 今回、野党候補が一本化したのに大接戦となったのは、大統領選中の尹氏の言動を見た有権者が『本当にこの人を選んでいいのか』と迷った面が大きい。新鮮味はあるものの政治手腕はあまりに未知数で、大統領就任後、複雑な政治課題にどう取り組んでいくのかまったく予想できません。保守政権だから親日という簡単な図式では語れないのです」

 たとえ尹氏が対日融和を推し進めようとしても、最大の壁となるのが世論やマスコミだ。

「歴代の韓国大統領が反日に転向してきた大きな理由の一つが、マスコミや世論からの大バッシングです。

 同様に尹氏が対日融和を目指しても、国民の反日感情の高まりやマスコミによる痛烈な批判にさらされ、日本に強い姿勢で望まざるを得なくなる可能性が高い。特に2年後の国会議員選挙が近づくタイミングで、与党の票を伸ばすために強固な対日姿勢に舵を切る可能性が高いでしょう」(辺氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト