国際情報

尹錫悦・新大統領は米韓関係を重要視 米国を利用し日本に譲歩迫る可能性も

次期韓国大統領・尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏は日韓関係をどう構築するか(写真/AFP=時事)

次期韓国大統領・尹錫悦氏は日韓関係をどう構築するか(写真/AFP=時事)

 3月9日の韓国大統領選で、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が当選を果たした。“親日派”と言われる尹氏は5月10日の就任を前にさっそく岸田文雄首相と電話会談に臨むなど、冷えきった日韓関係にようやく陽が差すと期待されている。

 しかし、これまで何度、韓国大統領の「反日転向」が繰り返されてきたか。不穏な空気は次期大統領・尹氏も纏っている。

 韓国の内政を見ると、尹氏が反日政策に転ずる可能性は高いという。コリア・レポート編集長の辺真一氏が語る。

「韓国の国会は革新系の『共に民主党』が議席の3分の2近くを占めています。尹氏は少数与党体制で政策を履行するため、ケースバイケースで野党に譲歩した政権運営を行なう必要があります。その際、野党からは反日的な政策を突きつけられる可能性が高い。尹氏はそれを呑まざるを得なくなるでしょう」(辺氏)

 現在、韓国内では不動産価格の高騰や新型コロナ対策などの課題が山積している。野党が尹氏を厳しく追及し、要求を突きつける場面も出てきそうだ。

 歴代の韓国大統領候補のなかでも親日と言われている尹氏だが、「そもそも親日かどうか疑義がある」と在韓ジャーナリストは語る。

「未来志向の日韓関係を掲げる尹氏ですが、昨年の9月には慰安婦問題について『日本から必ず謝罪を引き出す』などと発言をしていました。彼はそもそも外交的な理念も政治的な信念も持ち合わせていない。大統領選での主張はスローガンばかりで具体性がなく、現実的にどのような日韓関係を目指すか、まるでビジョンが見えません」

 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授の李鐘元氏も新大統領の人物像についてこう語る。

「尹氏は検察の特捜畑を歩んだ人物で、政治家としての経験がありません。大統領選の公開討論会では裁判や法律以外のことは一般論でしか語れず、原稿がないと単純な話に終始しました。実際、アメリカのタイム誌が申し込んだインタビューを尹氏は断わったと伝えられています。

 今回、野党候補が一本化したのに大接戦となったのは、大統領選中の尹氏の言動を見た有権者が『本当にこの人を選んでいいのか』と迷った面が大きい。新鮮味はあるものの政治手腕はあまりに未知数で、大統領就任後、複雑な政治課題にどう取り組んでいくのかまったく予想できません。保守政権だから親日という簡単な図式では語れないのです」

 たとえ尹氏が対日融和を推し進めようとしても、最大の壁となるのが世論やマスコミだ。

「歴代の韓国大統領が反日に転向してきた大きな理由の一つが、マスコミや世論からの大バッシングです。

 同様に尹氏が対日融和を目指しても、国民の反日感情の高まりやマスコミによる痛烈な批判にさらされ、日本に強い姿勢で望まざるを得なくなる可能性が高い。特に2年後の国会議員選挙が近づくタイミングで、与党の票を伸ばすために強固な対日姿勢に舵を切る可能性が高いでしょう」(辺氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン