国際情報

プーチン氏「原爆」発言 ゼレンスキー氏の対日イメージ戦略との格差

世界を敵に回すプーチン氏(写真/共同通信社)

世界を敵に回すプーチン氏(写真/共同通信社)

 プーチン大統領は3月25日、ロシアの文化功労者へのスピーチで、独自の“日本批判”を展開。「誰が原爆を落としたのかを言わない」などとして、日本の米国追従の姿勢を批判する言葉を並べた。ウクライナ侵攻に対して日本が経済制裁に踏み切ったことなどを受けての発言だとみられるが、そこにはプーチン氏の焦りが垣間見え、3月23日に日本の国会に向けて演説したウクライナのゼレンスキー大統領との“表現力”の差が浮き彫りになってきた。

「誰が原爆投下したかを言わない」「真実を無視している」──。

 3月25日のスピーチでプーチン氏は、根拠も示さずに「日本の教科書は米国の虐殺行為を説明しない」などといった主張を展開した。自民党関係者が言う。

「日本政府はこれまでもロシアに厳しい制裁を実施しているが、G7のためにベルギーを訪問した岸田(文雄)首相はさらに、貿易上の優遇措置などを保障する『最恵国待遇』を撤回する法改正を進めることや、輸出入をさらに制限するといった制裁強化の方針を明らかにした。そうして西側諸国と足並みを揃える姿勢がプーチン氏をいらだたせ、国内向けの“反日アピール”になったのではないか」

 これまで、柔道愛好家であることや贈られた秋田犬を可愛がっていることなどから“親日家”という印象がアピールされてきたプーチン氏だが、ウクライナ侵攻を機にそのイメージは一変した恰好だ。政治ジャーナリストはこうみる。

「今回の発言は国内向けのものでしょうが、それが伝わってきたことで、日本側のプーチン氏に対する印象はさらに悪くなる。巧みなスピーチ力で日本人の幅広い支持を得たウクライナのゼレンスキー大統領とは本当に対照的だ」

 3月23日に日本の国会に向けて演説したゼレンスキー氏は、ロシアによる侵攻を「津波」にたとえ、事故が起きた原発や復興、そして追われた故郷への思いといった日本人の琴線に触れるキーワードを盛り込む演説をし、喝采を浴びた。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン