国内

“政権No.2”野田聖子氏が明かす 自民党の女性議員が妙にマッチョになる理由

野田聖子(のだ・せいこ)/1960年、福岡県生まれ。上智大学外国語学部比較文化学科卒業後、帝国ホテルに入社。1987年、岐阜県議会議員(当時最年少)に

「自民党女性議員が妙にマッチョ」とはどういう意味か

 日本初の女性総理候補と目される政治家たちの本音を聞く連続インタビュー。第3弾に登場するのは、過去に何度も断念した自民党総裁選に昨年やっと出馬を果たした野田聖子・男女共同参画担当相(61)だ。「週刊ポスト」の新シリーズ《女性総理、誕生!》から飛び出したスピンアウト企画。第1弾(高市早苗氏)、第2弾(稲田朋美氏)に続き、ノンフィクションライターの常井健一氏が斬り込んだ。話題は、「自民党の若手に『ミスター生理』がいる」という件に……。【全5回の第2回。第1回から読む

──宮路拓馬さん(内閣府政務官)は私と同じ42歳、衆院3回生。どうして男性議員が「ミスター生理」と呼ばれているんですか?

「これからのイケてる男性は女性の立場に立って生理の大変さを語れる、みたいにわが党も変わってきたの。宮路拓馬君の他にも、鈴木隼人君(当選3回)、川崎秀人君(同1回)、鈴木英敬君(同1回、前三重県知事)といった、女性議員よりもジェンダー平等を語る若手が増えてきている。妻を大切にするためには、子育てを手伝うだけでなく、男性たちが生理(女性の体)を理解しなきゃと、科学的に勉強しているんです」

──ジェンダー政策新人類!

「女性の仕事の出力は男性と変わらないはずだけど、どうしても生理中は3分の1になってしまうんです。そういうことを真面目に議論して、生理がリスクにならないよう、社会にビルトインさせた仕組みをつくらなきゃいけないって。女性特有の悩みを先端技術で解決する『フェムテック振興議員連盟』を党内でつくって。私が会長に就任したけど、女性議員よりも男性議員のほうが多くて、もう、私はいつでも安心して死ねる!」

──だけど、どうして女性議員の参加が少ないのでしょう。

「自民党にありがちなんだけど、若くて美しい女性議員ほど女性政策をやるのを嫌がるのね。マッチョなことをやらないと一人前に見られないっていう錯覚を起こして、『国道の予算をつけました!』というようなことばかりになっちゃうの。一番やるべきことは少子化対策だとわかっているのに、遠慮しちゃうよね」

田中眞紀子氏「あんたもバカね」

──若い女性ほどマッチョな言動に走る自民党。ネット上で炎上した人もいますね。どうしてなんですか?

「地方の支持者の中には中小企業の男性経営者が多くて、みんな2代目、3代目じゃないですか。家父長制的な傾向が強いから、女性は家庭にいるべきだっていう考えです。少子化も女性が働きに出たことが原因だと言う。そういう人たちにとって、女性が総理になることって日本最大のタブーだと思うの」

──この連載「女性総理、誕生!」は、日本のタブーを侵している(笑)。

「自民党はそういう人たちに支持されているので、彼らに嫌われると損だというリスクヘッジが働きます。やっぱり浮動票は目に見えないから、身近にある固定票に飛びつく。じゃあ、どうして自分は女性なのに議員として家の外で働いているのか。『趣味でやっています』って開き直って、自分の生き様と違うと知りながらも、『夫婦別姓反対!』と叫んじゃうの」

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン