国内

悠仁さまの筑附高進学で「皇族に学歴が必要か」という新たな論争へ

お茶の水中から徒歩で筑附高へ紀子さまと悠仁さまらが向かわれた

進まれる大学に関し議論も起きる(写真はお茶の水女子大学付属中の卒業式の日、徒歩で筑附高へ紀子さまと悠仁さま)

 毎日新聞などが2021年11月から今年1月にかけて行った世論調査では、天皇の皇位継承について「男子がいない場合のみ、女子の継承を認めるべきだ」(41%)と「男女にかかわらず、天皇の第1子の継承を優先すべきだ」(35%)を合わせて、回答者の76%が女性天皇を容認した。この結果の背景の1つには、天皇家の長女・愛子さまに対する国民の好意的な視線があるだろう。だが愛子さまの歩まれてきた道のりは、決して平たんではなかった。

 学習院初等科時代には、ある男児が愛子さまに対して乱暴な振る舞いをする「いじめ事件」が発覚し、雅子さまが「同伴登校」をされた。学習院中等科では遅刻と欠席を繰り返され、激やせが心配された時期もあった。『皇室の窓』(テレビ東京系)の放送作家で、愛子さまの生誕時から成長を見守ってきた、つげのり子さんはいう。

「幼い頃は無邪気でしたが、次第に笑顔が少なくなり、人々と交流するのがつらそうに見えることもありました。

 しかし、天皇陛下(当時)が退位の表明をされた2016年頃から、那須御用邸でのご静養で、徐々に地元の人たちと交流されるようになりました。愛子さまが『天皇の娘』と呼ばれる日が近づいていたこともあり、皇太子さま(当時)と雅子さまが人々と自然に交流してほしいと願われたのでしょう。愛子さまはそうしたご両親の望みに応えようと、懸命に努力されたと思います」

 米ハーバード大学を卒業後、東大に編入、中退して外務省に入省されたスーパーエリートである雅子さまの愛情を一身に受けられた愛子さまは、英語が堪能で読書家。知性溢れる女性に成長された。陛下のなさりようを間近で見られてきた気品にあふれ、すでに風格すら漂う。成年会見での初々しくも凜々しいお姿に、「愛子天皇」を期待する声は高まるばかりだ。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン