芸能

林家木久扇が語る“バカ”の利点「色々許される。自分も楽。周りも助かる」

「バカになるほど愛される」という人生の本質を見つけた木久扇

「バカになるほど愛される」という人生の本質を見つけた木久扇

“おバカキャラ”で『笑点』の大喜利コーナーを沸かせる落語家・林家木久扇(84)。「バカになるほど愛される」という人生の本質を見つけた木久扇が、その生き方をまとめたエッセイ『バカのすすめ』(ダイヤモンド社)を3月に上梓した。それを記念し、木久扇の「バカの魅力」を知る旧知の俳優でタレントの毒蝮三太夫(85)との対談が実現。偉大なるバカの先達から人生が楽になる秘訣まで、存分に語り合った。【全3回の第3回。第1回から読む

 * * *
毒蝮:木久ちゃんの本を読んで、バカになることは楽しく生きるスタートなんだとわかったよ。漫画家になろうとして清水崑先生の書生になったら、いつの間にか落語家になっちゃった。バカな失敗もいっぱいしてる。

木久扇:バカって得なんですよ。たとえばですけど、落語会が終わると、主催者が出演者に花束をくれたりする。でも、ぼくは係の人に「花じゃなくて、お米をわたしてください」って頼むんです。ひとりお米をもらっているとウケるんです。しかも食べられる。

毒蝮:普通だったら「お米なんてあげたら失礼なんじゃないかな」って心配になる。だけど、木久ちゃんなら大丈夫だ。

木久扇:「あの人ならしょうがない」と思ってもらえる。バカになるといろんなことが許されます。自分も楽だし、まわりだって助かる。

毒蝮:バカがいると、ホッとするしね。「あれでいいんだ」って、世の中に希望が持てる。バカは世の為人の為でもあるわけだ。だけど木久ちゃんの言うバカは、本当のバカにはできないよね。木久ちゃんだって、多少はバカかもしれないけど、全部はバカじゃない。

木久扇:最近は、どんどんバカのほうに移行しつつありますけどね。はっと気がついて、あわてて戻ったりしてます。

毒蝮:俺たちもそれなりの年齢になったけど、木久ちゃんは、引き際なんて考えたことある?

木久扇:ぼくは仕事の依頼があると、どんどん予定を入れちゃう。約束すると「そこまでは生きなきゃ」と思うんです。体が動く限りは、それを続けていくのかな。

毒蝮:俺もそうだな。カミさんは「いいかげんリタイアして、のんびりすれば」って言うけど、必要とされているうちはがんばりたいからね。

木久扇:世間では「終活」って言葉が流行ってますけど、せっかく生きてるのに、死ぬ時のことを考えて準備をするなんてもったいない。ぼくはそう思うんですよね。「余生」って言葉も、ぜんぜんピンときません。

毒蝮:余生はピンとこなくても、寄席はしょっちゅう出てるけどね。

木久扇:いい締めだ!

(了。第1回から読む

【聞き手・構成】
石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年、三重県生まれ。コラムニスト。『大人養成講座』『大人力検定』など著書多数。林家木久扇著『バカのすすめ』の構成を担当した。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン