国際情報

プーチン氏と金正恩氏の接近がもたらす「日本にとっての最悪シナリオ」

2019年歓迎宴で乾杯する金正恩氏とプーチン氏(写真=朝鮮通信時事/時事)

2019年歓迎宴で乾杯する金正恩氏とプーチン氏(写真=朝鮮通信/時事)

 この先の最悪のシナリオは、プーチン氏が北方領土の管理を金正恩氏に任せることだ。

「もしこのままウクライナ侵攻が長引いて極東の軍事的な手薄状態が続けば、ロシアが北朝鮮に北方領土の防備をさせる可能性は十分考えられる。北方領土にロシアが配備するミサイルシステムと北朝鮮の『火星17』やスカッドミサイルを連携させる可能性もあります」(同前)

 ロシアに残されている1945年8月の対日参戦直前当時の公文書によると、スターリンは北海道の北半分を占領することを命じたとされる。

 万一、露朝連合と軍事的衝突が起きたらどうなるか。ロシアに詳しい筑波学院大学教授の中村逸郎氏が語る。

「北朝鮮のミサイルによる援護射撃を受けたロシア軍は北海道の釧路~稚内の海岸線から上陸すると考えられる。自衛隊は広い海岸線を守ることは難しく、旭川・帯広ラインで敵を迎え撃つことになるでしょう。これは自衛隊関係者も同意見です」

 さらにターゲットとなる可能性が高いのが、在日米軍基地だ。

「ロシアと北朝鮮から近い青森の米軍三沢基地が狙われるでしょう。日本各地にある自衛隊と米軍の共同使用基地などの軍事施設もターゲットになりうる。日本国内の軍事施設が狙われたら米軍も動き、全面戦争になる怖れがあります」(中村氏)

 使用される武器の危険も計り知れない。4月5日には金正恩氏の妹・金与正氏が「韓国から攻撃されれば、核攻撃で対応する」との考えを示したと朝鮮中央通信が伝えた。国際関係アナリストの北野幸伯氏が語る。

「プーチン大統領と金正恩総書記は似た者同士で、ロシアと北朝鮮が事実上の同盟関係にあることは間違いない。ロシアの協力で北朝鮮の核戦力はどんどん強化され、日本の脅威になっています。独裁者は非常に猜疑心が強く、常に隣国の動向を警戒している。日本も隣国の野心を常に警戒しておく必要があります」

 危機管理の要諦は「最悪の事態」を想定すること。日本はウクライナ戦争から読み取れる地殻変動を見誤ってはならない。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト