ライフ

JOYが明かす夫婦円満のための家事ルール「相手が不快になる言葉は使わない」

「旦那さんは私より火事ができる」とほほ笑むのは金田朋子

「旦那さんは私より火事ができる」とほほ笑むのは金田朋子

『おしりかじり虫』の歌でおなじみの声優、金田朋子(48才)は、2013年に10才年下のアスリート俳優・森渉(39才)と結婚。「旦那さんは私より家事ができるタイプ」とほほ笑む。

「私はどちらかというと家事が苦手なんです。でも旦那さんは一通りの家事や育児を習得して、1年ほど前に旦那さんが子供向けの運動教室を始めるまでは、家事はほぼすべてやってくれていました。いまもできる範囲でやってくれますし、私が仕事で留守にして家事ができなくても文句は言いません。理解してくれています」(金田・以下同)

 働く女性が、思うように家事ができなくても罪悪感を持つ必要はないと金田は語る。

「男はお金を稼ぐ、女が家事や育児をするといった固定観念は取り払った方がいいと思うんです。家事や育児を100%こなすなんて不可能ですから、最低限必要なことだけやっていればいいと考えています。そして、がんばりすぎない。ただし、旦那さんに家事をやってもらったら、ありがたいと思って感謝することは大事にしています」

 お互いのライフスタイルを尊重することが重要としながらも、子供への接し方は「夫婦で共通させた方がいい」と続ける。

「パパとママで言うことが変わると、子供は、自分にとって都合のいい方を選ぶし、親の顔色を見て育ってしまうと思うんです。わがままを言って、お母さんにはダメと言われたけど、お父さんは許してくれたとなると、『お母さんの前でだけ気をつければいいや』と思ってしまうかもしれません。そこは夫婦の話し合いが必要なので、その時間を協力してつくる工夫を大事にしています」

 金田夫妻は、育児の話し合いを一緒にジョギングをしながら行う。その際、夫に聞いて初めて知る娘の話もあるという。

「話す時間をつくることで、育児に関心が薄かった旦那さんも、興味が深まるのではないでしょうか」

 子供の成長を間近で感じられるのは、家事や育児をやっていてよかったと思う最高の瞬間だ。

※女性セブン2022年4月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン