芸能

東海林のり子と前田忠明が語る「芸能レポーターが今なお必要とされる理由」

芸能レポーターの東海林のり子氏と前田忠明氏が対談

芸能レポーターの東海林のり子氏と前田忠明氏が対談

 梨元勝氏(享年65)が2010年に死去し、井上公造氏(65)が今年3月に引退するなど、芸能レポーターという職業は、もはや化石となりつつある。しかし、現場主義を貫く彼あ彼女らがいたからこそ伝わるものもあった。ベテラン芸能レポーターの東海林のり子氏(87)と前田忠明氏(80)が、その仕事の意義について振り返った。今も昔も変わらない、レポーターにとって大切なこととは──。【全4回の第4回。第1回から読む

 * * *
前田:あの頃はタレントの結婚や離婚を取り上げると、視聴率がグッと上がったんだよね。

東海林:芸能人の結婚式をゴールデンタイムで中継していたもんね。

前田:松田聖子が郷ひろみとの破局を公表した時、「もし今度生まれ変わってきた時は絶対に一緒になろうね」と話したと言ったじゃない?

東海林:あったわね。

前田:その5か月後、聖子が神田正輝と結婚した。その会見で、レポーターの須藤甚一郎が「聖子さん、生まれ変わってもまた一緒になりたいですか?」と聞いていたな。今じゃ、叩かれそうだけど。当時の芸能レポーターはやり過ぎな面が多々あったよ。

東海林:私も、事件の犯人の住むマンションの前でカメラを回して、「8階の右から2番目の部屋です。ベランダの木が揺れてます」と伝えていたし、近所もよく取材したわ。

前田:離婚しそうなタレントの家の周辺で聞き込みすると、よくしゃべってくれるんだよ。

東海林:昔は携帯電話がないから、田舎に行くと誰かご近所さんの家の電話を押さえてたわね(笑)。

前田:親しくなって、家へ上がり込んで使わせてもらっていた。向こうも貸してくれたんだよ、レポーターを知ってるからね。

東海林:時には、庭に勝手に入って怒られたこともあった。本当にいけないことだし、不法侵入なんだけど、深く知りたい気持ちが上回っちゃったの。

前田:伝えたいんだよね。そしたら、「ワイドショーはロクなもんじゃない」って言われるようになった。その通りだよ。個人情報保護法を作る契機になったと思うよ。

東海林:直撃だけじゃなくて、会見もほとんどなくなったわよね。たまにあるけど、レポーターもいつも取材しているわけじゃないから、良い質問ができない。

前田:神田沙也加さんが亡くなった時、聖子と正輝に「今のお気持ちは?」はないよな。

東海林:昔は若いレポーターが会見で余計なことを聞くと、梨元さんや忠ちゃんが叱ってたもんね。

前田:やっぱり、聞いて良いことと悪いことがあるんですよ。その一線は引かないといけない。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン