芸能

滝川クリステルが見据える将来 息子はセレブ幼児教室通い、選挙区へのアピールも

滝川クリステルの息子はセレブ幼児教室通い

息子をセレブ幼児教室に通わせている滝川クリステル

 4月下旬の昼下がり、一台の高級車が都心の幹線道路に停車した。運転席から降りてきたのは、黒のキャップを目深に被り黒のスパッツにサンダルを履いた滝川クリステル(44才)。足早にビルに入ると、2才になった愛息を抱えて戻ってきた。

「このビルには有名な幼児教室があります。日本語と英語のバイリンガル教育に加え、フランス語や中国語の教材もあり“国際社会で活躍するリーダー”の育成を謳っています。週に5日、朝から夕方までのコースだと年間200万円以上の授業料がかかります。滝川さんの息子さんがどのコースに通っているかはわかりませんが、昨年の春頃からお見かけしますね」(保護者のひとり)

 1才からセレブ幼児教室で英語教育とは、意識の高さを感じさせるが、“小泉家”にとって英語の習得は悲願でもあるようだ。フランス人の父と日本人の母を持つ滝川クリステルは、日本語・フランス語・英語を話すトリリンガル。しかし英語圏で暮らした経験はなく、英語は独学で習得したという。

「滝川さんの英語は発音やイントネーションがぎこちなく、日本人特有の“カタカナ英語”なんです。ネット上ではその発音を揶揄する声もあがっています」(芸能関係者)

 さらに、夫の小泉進次郎・前環境大臣(41才)にとっても英語は鬼門と言える。進次郎氏は2019年9月に環境大臣として初入閣。その直後に米ニューヨークで行われた国連の会合に出席し、外交デビューを果たした。その際、進次郎氏は意気揚々と英語でスピーチを披露したが、「気候変動問題にはセクシーに取り組むべき」という“珍発言”によって国内外からひんしゅくを買ってしまった。

「当時は“セクシー発言”ばかり注目されましたが、その裏で彼の英語力が酷評されました。文法がメチャクチャなんです(笑い)。彼は米国の名門・コロンビア大学の大学院に留学し修士号を取得して、その後はワシントンのシンクタンク(戦略国際問題研究所)に勤務していますが、その英語でまともに働けていたのかと疑問を抱く人も少なくなかった」(永田町関係者)

 思えば、結婚後の進次郎氏には逆風が吹き荒れていた。前述のセクシー発言以外にも、発信する言葉が「ポエムだ」と批判され、環境大臣時代に強行したレジ袋有料化も後に本人が「あれは私じゃないんです」と責任逃れに終始したりと、もはや“将来の総理候補”の声は聞こえなくなった。

「もちろん滝川さんは悪くないのですが、結婚で潮目が変わってしまったのは事実。彼女もその空気を感じ取って、“政治家の妻”として改心しているようです。進次郎さんと小泉家の5代目となる息子さんのために変わろうとしています」(永田町関係者)

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン