芸能

滝川クリステルが見据える将来 息子はセレブ幼児教室通い、選挙区へのアピールも

滝川クリステルの息子はセレブ幼児教室通い

息子をセレブ幼児教室に通わせている滝川クリステル

 4月下旬の昼下がり、一台の高級車が都心の幹線道路に停車した。運転席から降りてきたのは、黒のキャップを目深に被り黒のスパッツにサンダルを履いた滝川クリステル(44才)。足早にビルに入ると、2才になった愛息を抱えて戻ってきた。

「このビルには有名な幼児教室があります。日本語と英語のバイリンガル教育に加え、フランス語や中国語の教材もあり“国際社会で活躍するリーダー”の育成を謳っています。週に5日、朝から夕方までのコースだと年間200万円以上の授業料がかかります。滝川さんの息子さんがどのコースに通っているかはわかりませんが、昨年の春頃からお見かけしますね」(保護者のひとり)

 1才からセレブ幼児教室で英語教育とは、意識の高さを感じさせるが、“小泉家”にとって英語の習得は悲願でもあるようだ。フランス人の父と日本人の母を持つ滝川クリステルは、日本語・フランス語・英語を話すトリリンガル。しかし英語圏で暮らした経験はなく、英語は独学で習得したという。

「滝川さんの英語は発音やイントネーションがぎこちなく、日本人特有の“カタカナ英語”なんです。ネット上ではその発音を揶揄する声もあがっています」(芸能関係者)

 さらに、夫の小泉進次郎・前環境大臣(41才)にとっても英語は鬼門と言える。進次郎氏は2019年9月に環境大臣として初入閣。その直後に米ニューヨークで行われた国連の会合に出席し、外交デビューを果たした。その際、進次郎氏は意気揚々と英語でスピーチを披露したが、「気候変動問題にはセクシーに取り組むべき」という“珍発言”によって国内外からひんしゅくを買ってしまった。

「当時は“セクシー発言”ばかり注目されましたが、その裏で彼の英語力が酷評されました。文法がメチャクチャなんです(笑い)。彼は米国の名門・コロンビア大学の大学院に留学し修士号を取得して、その後はワシントンのシンクタンク(戦略国際問題研究所)に勤務していますが、その英語でまともに働けていたのかと疑問を抱く人も少なくなかった」(永田町関係者)

 思えば、結婚後の進次郎氏には逆風が吹き荒れていた。前述のセクシー発言以外にも、発信する言葉が「ポエムだ」と批判され、環境大臣時代に強行したレジ袋有料化も後に本人が「あれは私じゃないんです」と責任逃れに終始したりと、もはや“将来の総理候補”の声は聞こえなくなった。

「もちろん滝川さんは悪くないのですが、結婚で潮目が変わってしまったのは事実。彼女もその空気を感じ取って、“政治家の妻”として改心しているようです。進次郎さんと小泉家の5代目となる息子さんのために変わろうとしています」(永田町関係者)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン